『いきものがかり』のせい?西野カナ「無期限休止」発表に冷たい声

まいじつ

2019/1/11 07:30

西野カナ
(C)まいじつ

1月8日、歌手の西野カナが公式サイトで無期限活動休止を発表。しかしネット上では「すぐに戻ってきそう…」と冷めた声も上がっている。

西野の公式サイトでは、

《もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。
旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。
来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずにいろいろと挑戦したいと思っています》
《またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています》

といったように、長期間の休止をニオわせるコメントがつづられている。

これにファンからは「カナやんのいーひん人生とか耐えられへん。何を目標に生きればいいの」「ショック過ぎて気持ちの整理がつかない」「無期限休止とかもう無理。 生きていけん」と絶望の声が続出。

一方でネット掲示板などでは、

《どうせすぐに戻ってくるだろ。無期限なんてお腹いっぱいだわ》
《別に宣言しなくても、忘れたころに数年ぶりにCD出します、なんて人いっぱいいるじゃん》
《どうせ半年ぐらいだろ》
《ちょっとお休みでまたすぐ復帰だろしょうもない》

などといった呆れ声も。

“オオカミ少年”状態のJ-POPアーティスト


「冷めた声が上がるのは、西野のせいではなく、他のアーティストたちのせいでしょうね。『いきものがかり』は大々的に休止を発表したのに、1年10カ月ですぐに復活。森山直太朗に至っては、活動休止宣言からわずか半年で復帰し、『ただのアルバム制作期間だろ』『かまってちゃんか?』と非難されていましたからね」(芸能記者)

また最近では、『ゆず』が“今後の活動について重要なお知らせ”と前置きし、ファンを心配させた上で「ライブツアー」開催を発表して炎上している。

J-POPアーティストの発言は、もはや“オオカミ少年”状態になっているかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ