『すべらない話』に10人が初参戦 松本人志「頑張らなあかんな」


お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志らが出演するフジテレビ系バラエティ特番『人志松本のすべらない話』が、あす12日(21:00~23:10)に放送される。

第33回大会となる今回の出演者は、松本、千原ジュニア、宮川大輔、小籔千豊の4人以外全員が初参戦。そのメンバーは、稲田直樹(アインシュタイン)、小宮浩信(三四郎)、粗品(霜降り明星)、ノブ(千鳥)、濱家隆一(かまいたち)、平野ノラ、水田信二(和牛)の7人だ。

さらに関東、関西、九州の3地区で実施したオーディションを勝ち上がった、関東代表の後藤拓実(四千頭身)、関西代表の大東翔生(ダブルヒガシ)、九州代表のかごしま太郎を加えた計14人が、それぞれの「すべらない話」を披露していく。

収録を終え松本は「今回は、ニューカマーがたくさん出てきましたので、ぜひ見ていただきたいです。我々も、皆さんに触発されるというか、『頑張らな、あかんな』と」と、触発された様子。「最初は、空気が相当ピリピリしましたけど、落ち着きだしたら皆さん、大したものでしたね。MVSの選考も難航しました」と手応えを語った。

また、小籔が「『すべらない話』で、松本さんを前にして初めてしゃべるというのは、かなり緊張すると思いますよ。僕も『すべらない話』が松本さんとの初めての仕事だったんですが、しゃべること自体に緊張するのに、パッと見たら松本さんがおって、さらにビビるというか」と振り返ると、松本は「けど、俺は俺で、知らない若者が俺を見ているという恐怖があるからね(笑)」と意外な心境を明かし、「今回のように、空気が入れ替わっていくのも面白いですね」と話した。

(C)フジテレビ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ