前山剛久「普通とは何かを考えてくれたら」 舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」開幕

テレビファン

2019/1/11 01:00


 舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」の囲み取材が10日に都内で行われ、前山剛久と小松準弥、佐伯亮、谷佳樹が登壇した。

本作は、第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞も受賞した児童文学のコミカライズを舞台化。孤独を抱えた青年が、幽霊や妖怪が出るというアパートに入居し、心優しくもクセの強い入居者たちとの交流を通し、なくしていたものを取り戻していく青春ストーリー。

主人公の稲葉夕士を演じる前山は、「魂込めて稽古に臨んできたので、素敵な作品に仕上がっていると思います」とあいさつ。「座長だと引っ張らなければいけないと思っていたのですが、今回はみんなに支えてもらったという意識が強かったです」と稽古を振り返った。

稲葉の親友・長谷泉貴役の小松は「僕は妖怪アパートにはいませんが、稲葉を見守り、心の変化を常に感じて、一緒にいるという大切な役割を担わせていただいています」と自身の役柄を説明した。

コミック化、アニメ化もされている本作の、舞台ならではの魅力について、小松は「丁寧に描いているので、生身の人間がやることで心から震えてもらえるんじゃないかなと思います」と語り、龍さん役の佐伯は「(スペシャル・ダンサーとして出演する)三井聡さんや幽霊、妖怪たちのパフォーマンスも、一つの楽しみとして見てもらいたい」とアピールした。

最後に前山は、「この作品を見て一番考えるのは『普通とは何か』だと思います。僕にとっての普通と皆さんにとっての普通は絶対に違いますし、それぞれに答えも違う。ぜひ、普通とは何かを、この作品を見て考えていただけたらうれしいです」と本作への思いを語った。

舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」は1月27日まで紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ