男友達としか思っていなかった彼にドキッとした瞬間【後編】




男友達を急に意識してしまうことって、結構あると思います。しかも一度彼が気になってしまうと、自分でもビックリするくらい、どんどん彼に惹かれてしまうんですよね。
そこで今回も前編に引き続き、「男友達としか思っていなかった彼にドキッとした瞬間」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

男友達にドキッとした瞬間

男らしいところを見たとき

・「いつもはおちゃらけキャラなのに、仕事の電話がかかってきたらテキパキと対応していた。そのときはじめて彼のことを『カッコいいな』と思いました」(20代/営業事務)

・「実はけっこう筋肉があることを知ってしまい、ドキッとしてしまった。それ以来、彼のことを意識するようになりました」(20代/広告)

▽ 女性とは違う一面を見たときに、「いままで友達としか思っていなかったけれど、やっぱり男なんだな」とあらためて感じるよう。
一度彼を異性として見てしまうと、些細なことでもドキドキするように。そこから少しずつ、彼を好きになった自分に気が付くようです。

夢に出てきたとき



・「男友達が付き合っている前提で、いきなり夢に出てきたんです! 目が覚めた瞬間、心臓がバクバクするのと同時に、『何だ夢だったのか……』とガッカリする自分がいて……。『あれ!? これって彼を好きってこと!?』とビックリしちゃいました」(30代/接客)

▽ 夢って本当に不思議ですよね! 彼が夢に出てくるってことは、「少なからず意識しちゃっているのかな?」と自分を見つめ直すきっかけになります。
もし何度も彼が夢に出てくるようであれば……。それは心のどこかで男友達に好意がある証なのかもしれません。

彼の香りがしてきたとき

・「何年振りかに会った男友達から、昔と変わらない香りがフワッと流れてきたんです。『懐かしいな』と思うと同時に、なぜか『彼のこと好きかも』という気持ちがわいてきました」(20代/アパレル)

▽ 顔や性格はもちろんですが、香りって意外と重要だったりしますよね。男友達からいつもと変わらない香りがしてきて、ドキドキしてしまうことも。むしろ彼といると安心できるとわかったからこそ、好意を抱きはじめたのかもしれません。

冗談半分で告白されたとき



・「失恋のグチを男友達に聞いてもらっていたんです。そしたら彼が『俺にしておけばいいのにさ~』とポツリ。ただ酔っていただけかもしれませんが、まさかの発言にドキドキしちゃいました」(30代/公務員)

▽ 本気か冗談かわかりませんが、向こうから友達の壁を壊されるとドキッとしますよね。
思わず「それってどういう意味!?」と聞き返したくなってしまいます。でも彼に少なからず好意があるのは事実なので、女性側がアプローチをしていけば、成就する可能性は高いと思いますよ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ