川谷絵音、新曲のメンバーにドリフの影 「動揺を隠せない…」「レジェンドすぎ」と大興奮

しらべぇ

2019/1/10 20:30




10日、『ゲスの極み乙女。』『indigo la End』『ジェニーハイ』などのメンバーを務める川谷絵音が、自身のインスタグラムを更新。新曲に関する報告であり、その異例すぎるメンバーが話題となっている。

■新曲「あっちゅーまやねん人生」


今回川谷が描き下ろした楽曲は、サガミオリジナルの20周年を記念して制作されたもの。

フロントマンに、女心を捉えた楽曲で若い女性から絶大な支持を誇るシンガーソングライター・コレサワを迎え、タイトル『あっちゅーまやねん人生』の通り、「人生」についてをロック調に歌いあげている。

なお、現在特設サイトにて音源を試聴することもでき、14日にはMVも公開される。

View this post on
Instagram


サガミオリジナル20周年記念ソング「あっちゅーまやねん人生」を僕が作詞作曲致しました!バンドメンバーはコレサワちゃん、ROLLYさん、ウエノコウジさん、加藤茶さん。久しぶりにロックな曲を書きました。MVも14日に公開されます、お楽しみに!曲はサガミの特設サイトで聴けるよ。 #濃すぎるメンバー

A post shared by 川谷絵音 (@indigolaend) on Jan 9, 2019 at 8:30pm PST



■「濃すぎる」メンバーに興奮


すでに面白い企画であることは明らかだが、それ以上に注目されているポイントがある。それは楽器隊の厚さだ。

伝説のロックバンド『すかんち』のヴォーカル&ギターとして活躍したROLLYを筆頭に、解散後も絶大な人気を誇るロックバンド『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT』のベーシスト・ウエノコウジ。そして、芸能界の大御所であり『ザ・ドリフターズ』のメンバー・加藤茶がドラムを担当する。その名も『originals』。

ネット上では豪華さに喜ぶと同時に、困惑する人も続出しているようだ。

「ROLLYと加藤茶とかレジェンドすぎるだろ!(笑) 」

「動揺を隠せない……」

「凄すぎて濃すぎて、、、どうなってるの?」

「え??? 情報が多すぎて入ってきません!!」

■加藤茶の演奏に衝撃も


一方で、実際に音源を聞いた人からは、加藤の迫力ある演奏に衝撃を受けた人も。

「ひゃー加藤茶のドラム初めて聞いた~すごいー」

「加藤茶さんのドラム、カッコいいな」

「てか、加藤茶ってこんなに力強いドラミングなんだね、びっくりした」

また、若い年齢層の人は加藤がドラムを叩けることを知らないこともあり、「加藤茶がドラマーだって初めて知った」といった意見も散見される。

■チャレンジに勇気はいる?


今までにないような「濃いメンバー」である本バンド。かなりの挑戦的な企画ということができるだろう

そこで、しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,357名に「新しいことを始めるには勇気がいる」か調査を実施したところ、全体で55.6%がいると回答。なお性・年代別でみると女性のほうが、勇気が必要と感じていることが判明した。



音源を聞くと、バラバラのメンバーが集結したバンドとは思えないほど「完成された」印象を受ける。14日の公開されるMVにも期待ができそうだ。

・合わせて読みたい→「筋斗雲」に乗ったゲス川谷 「純粋な心を持った人しか乗れないはず」と話題に

(文/しらべぇ編集部・ステさん

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ