ゴールデン・グローブ受賞のサンドラ・オー、『グレアナ』共演者から続々と祝福コメントが!

海外ドラマNAVI

2019/1/10 20:00

現地時間1月6日(日)に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式にて、『キリング・イヴ/Killing Eve』の演技でTVドラマ部門主演女優賞に輝いたサンドラ・オー。同授賞式でアンディ・サムバーグと司会も務めた彼女が、10シーズンにわたって出演していた『グレイズ・アナトミー』の元共演者から、続々と祝福コメントが届いていることがわかった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『グレアナ』サンドラ・オー、ゴールデン・グローブ賞ホストを引き受けた思いをステージで語る

同シリーズで主役メレディス・グレイを演じるエレン・ポンピオからは、ルームサービスで食事を取った後にホテルの床で寝転がっているサンドラの画像をリツイートし、「すごく可愛い光景よね。サンドラほど受賞に値する人はいないわ」とコメントを添えて投稿。

そして、シリーズでサンドラが演じたクリスティーナと恋人関係にあったオーウェン・ハント役を演じるケヴィン・マクキッドは、「サンドラ!!!! 今日のことを誇りに思うよ。キスを」とツイート。続けてジョセフィン ・"ジョー"・ウィルソン役のカミーラ・ラディントンは、「すごい!!!! これって本当に素晴らしいことだわ!!!!」と投稿し、エイプリル・ケプナー役のサラ・ドリューは、「サンドラおめでとう!! すごく嬉しいし、あなたと知り合えたことを光栄に思うわ!!」と祝福の言葉を贈っている。

そして、シリーズでクリエイターを務めるションダ・ライムズは、「今夜はサンドラの受賞を心から嬉しく思っているわ。まさに受賞に値すると思うし、遅すぎたぐらいよ。彼女はいつも最高の女優だし、みんなもね。いつでも」と、サンドラの受賞を称えていた。

ルーク・ジェニングスの小説をドラマ化した『キリング・イヴ/Killing Eve』は、精神疾患を患う美貌の暗殺者ヴィラネルと、デスクワーク中心で仕事に情熱を持てないでいた諜報員イヴという二人の女性を中心に描かれる異色スパイドラマ。すでにシーズン2への更新が決定しており、日本ではシーズン1が2月6日(水)より WOWOWプライムにて日本独占放送となる。『キリング・イヴ/Killing Eve』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C) ABC Studios

当記事は海外ドラマNAVIの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ