伊藤沙莉が一日中“真っ黒”で困惑!?「初めての体験です」

ザテレビジョン

2019/1/10 19:00

1月12日(土)にNHK総合にて放送される「ちょいドラ2019」(夜11:30-0:00)の試写会が1月10日(木)に行われ、本作に出演する伊藤沙莉、千葉雄大が出席した。

本作は、じっくり見るドラマもいいが、10分でちょいと見終われる、気楽なドラマがあっても良いのではないか…そんな発想から始まった、10分ずつのオムニバスドラマシリーズ。

2017年には加藤諒らなどでミュージカルあり、サスペンスあり、フェイクドキュメンタリーありの5つのショートムービーが放送されたが、今回はSFコメディあり、実話に基づくドキュメントタッチあり、アクションありの3本のドラマがラインアップされている。

伊藤は、ヨーロッパ企画・上田誠が新たに仕掛ける奇想天SFコメディ「ダークマターな女」で、謎の宇宙暗黒物質・ダークマターになってしまった日本人女性宇宙飛行士役に。

ダークマターになってしまったことで、肌が全身真っ黒になる役どころのため、伊藤は「丸一日真っ黒だったので不自由でどうなっちゃうんだろうなって思いました(笑)。初めての体験です」と貴重な体験をしたことを明かした。

さらに、「これまでいろんな役をやらせていただいて、コメディー作品でおちゃらけた役が結構多かったのですが、『ダークマターな女』は、あまりなかった冷静に突っ込む側をやれて楽しかったです」と振り返った。

また、オムニバス形式で1本10分の作品については「10分の中で人の心境の変化を見せるのは難しいですが、良い緊張感があって、10分ならではの楽しさがあるので、楽しく見ていただければと思います。ほとんどワンシチュエーションで、言葉の掛け合いで物語が進むので、気づいたら終わっているのかなと。終始シュールな感じなのでにやにや見ていただけたらうれしいです」と語った。

■ 学生時代や大人になっても感じるモヤモヤッとした気持ちを晴らしてくれる

一方、「尽くす女」で体は男性だが心は女性であるトランスジェンダーの役を演じる千葉は「題材を繊細に受け取られる方もいらっしゃると思うのですが、僕としては、学生時代や大人になっても感じるモヤモヤッとした気持ちを晴らしてくれたり、今のままでもいいのかなと前に進めるような作品です。現場も和やかだったので、その雰囲気も相まって温かい作品になったのかなと思います」とコメントした。

「尽くす女」は、多くの人が見に覚えのある「自己肯定感」をめぐる悩みを描いており、その悩みを10分にまとめるのはすごく難しいように思われるが、千葉は「10分で本当に短いと思うんですけど、だからこそ描けるものがあると思いました。その人の人生を10分に凝縮するのは難しいけど、10分で切り取ったものだけで皆さんに想像していただける部分もあると思うし、そういうのはやりがいがあるなと思いました」と語った。

千葉はレストランで働く役で調理をするシーンもあるが、そのシーンの監修は料理研究家などではなく、主人公のモデルとなった人物が現場に来てやっているのだとか。そのおかげで、「そういうやり取りの中で、男性でもあるけど女性でもあるという、なんとなくの雰囲気ではあるかもしれないんですけど、お話できたことによって僕が表現できた部分もあると思います」と役作りに反映されたという。

また、会見には来れなかった「斬る女」の主人公を演じる岡山天音からもメッセージが。日々仕事に悩む人必見の痛快で爽快な妄想全開アクションストーリーの主演を務めた岡山は「『斬る女』の撮影現場は、監督の土井(啓太郎)さんの強い想いに引っ張っていただき、限られた時間の中でも丁寧に撮影に望むことが出来ました」と振り返る。

そして、「監督が作り上げて行く世界観に僕自身が撮影中に何度も笑ってしまいました。キャスト皆さんの個性爆発のお芝居とコミカルかつキレのあるアクションシーンなど、とても盛りだくさんな内容になってます」とアピールした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175390/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ