竹内結子が6年振りの地上波連ドラ主演作で天才トラブルシューターに!【冬ドラマ人物相関図(木曜ドラマ編)】

ザテレビジョン

2019/1/10 17:15

2019年冬ドラマが続々とスタート! 木曜放送から「スキャンダル専門弁護士QUEEN」(フジテレビ系)、「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)、「刑事ゼロ」(テレビ朝日系)、「人生が楽しくなる幸せの法則」(日本テレビ系)、「デザイナー 渋井直人の休日」(テレビ東京ほか)をピックアップ!ドラマの人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを紹介。

■ 竹内結子が天才トラブルシューターに「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」

情報を操作し社会を動かす“スピン・ドクター”を題材にしたエンターテインメントドラマ。竹内結子が6年ぶりに地上波の連続ドラマで主演する。

竹内が演じるのは、法廷ではなく、パワハラやセクハラ、名誉毀損(きそん)などの多様なトラブルの裏側を主戦場とする異色の弁護士・氷見江。氷見は「危機にある女性の最後のとりででありたい」という譲れない信念を持ち、この信念に反することは事務所や依頼人の意向であっても従わず、信じる道を突き進む。そんな氷見の元には、日々さまざまなスキャンダルの相談が舞い込んでくる。氷見は、鈴木法律事務所・危機管理部のメンバー・与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)らと問題解決に向け、奔走していく。

杉咲花が同僚たちの悩みを解決「ハケン占い師アタル」

杉咲花扮する派遣社員のアタルが、他人の“あらゆることが見える能力”を駆使して、同僚たちが抱えるそれぞれの悩みを根本から解決していくお仕事コメディー。脚本・演出を遊川和彦が手掛ける。

イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームに、社会人経験のないアタル(杉咲)が派遣社員としてやって来る。教育係の神田(志田)の下で雑用を任されるアタルだが、その矢先、Dチームは部長の代々木(及川)から、1週間後に控えた新商品イベントに50人の赤ちゃんを集めてきてほしいと無理難題を突き付けられる。初めての運営を任され、さらには誰にも言えない大きな秘密を抱えている神田に向かって、アタルはある不可思議な言動を取る。(第1話)

■ 沢村一樹が記憶を失った刑事に「刑事ゼロ」

“記憶”を失った刑事・時矢(沢村)が、凶悪事件に立ち向かう姿を描く。

ベテラン刑事の時矢は、逃走中の連続殺人犯を追う途中の転落事故で、刑事としての20年間の記憶を失ってしまう。病室で目を覚ました時矢は、そこへやって来た新人刑事の佐相(瀧本美織)とバディを組むことに。(第1話)

■ イケてない女子3人の成長を描く「人生が楽しくなる幸せの法則」

お笑いコンビ・相席スタートの山﨑ケイのエッセイを原作に、イケてない女子3人の成長を描く。山﨑演じる“ちょうどいいブスの神様”が生き方を指南するコメディー。彩香(夏菜)ら3人は新年会の帰り道、流れ星に思い思いの願い事をする。そこへちょうどいいブスの神様(山﨑)が現れる。(第1話)

■ 光石研がオシャレな独身デザイナーに!「デザイナー 渋井直人の休日」

オシャレな独身デザイナーの、ちょっぴり切ない日常と恋愛模様を描く。

デザイナー・渋井直人(光石)は、憧れの大御所イラストレーターとの仕事が決まり、張り切っていた。そんなとき、行きつけのカフェの店主から、渋井への好意をにおわす女子大生の個展のDMを渡される。(第1話)(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175452/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ