『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』を内覧した齋藤飛鳥「なめてたなって。全く時間が足りませんでした」

AbemaTIMES

2019/1/10 21:30


 東京・六本木のソニーミュージック六本木ミュージアムは10日、企画展「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」(11日から5月12日まで開催)の報道機関向け内覧会を行った。


 会場は「スヌーピーミュージアム」跡地にオープンするもので、今回の企画展はその第1弾。企画を担当した『MdN』編集長の本信光理氏は、来場者は「倉庫」のイメージにした会場を歩きながら乃木坂46のジャケ写のアザーカット、MVのプロップス、衣装やそのアイデアスケッチなど、多数の初公開資料を楽しむことができると説明。開催にあたってはアートワークの制作過程を徹底的にリサーチ、収集した9万点を超える資料を展示替えしながら可能な限り=“だいたいぜんぶ“公開するという。

 また、会場には本展のために制作されたオリジナルグッズの販売を行う「坂CAFÉ」も併設。楽曲やメンバーにちなんだフード、デザート、ドリンクを楽しみながら、ソニーが独自に開発した超高精細映像システム「CrystalLEDディスプレイ」を用いた臨場感あふれるライブ映像を鑑賞することも可能だ。

 内覧会を前に会場を一巡した1期生の齋藤飛鳥は「なめてたなって(笑)。とにかく細かいところにもこだわりが感じられて、全く時間が足りませんでした。何見てもすげー!と思えるので、誰もが満足できると思います。衣装のコーナー(250着の衣装が並ぶ)では、着ていた私達も知らないような細かい設定の情報もあって。『気づいたら片想い』のジャケット写真を繋げた映像を見たんですが、みんなが泣き出顔、泣き笑いの顔にグッときました。でも、"私って忘れっぽいんだな"って反省もしました。そこにいたはずなのに忘却が激しいなって(笑)。今後はもうちょっと胸に刻みたいですね」とコメント。

 また2期生の堀未央奈は「ライブなどをやっていると、じっくり衣装を見る機会があまりないんですが、今回、改めてすごくたくさんの色やデザインの衣装あって、皆さんが私たちのことを考えて作ってくださってるんだなと思いました。特にオーディションの時期に何度も見た『君の名は希望』の青い衣装が好きです。乃木坂に入って初めて着ることができたとき、"一員になれたんだな"って思いました。4期生にもぜひ見てもらって乃木坂の歴史を知ってほしいし、私もその歴史に名を刻めるように頑張りたいなと思いました」。

 3期生の与田祐希も「加入前の2015年に」見た『FNS歌謡祭』での『今、話したい誰かがいる』の衣装があって。そのときの先輩方の表情まで覚えているくらい好きなので、"あのときの衣装だ!"って(笑)。いつか着られたらいいなあと思いました」。

■展示を見る3人

(C)乃木坂46LLC

■カフェのようす(提供写真)


ロマンティックいか焼き フードプレート ¥1,560(税抜き)


唐揚げ姉妹 フードプレート ¥1,440(税抜き)


別れ際、もっと好きになる オムさんカレーフードプレート ¥1,480(税抜き)


おいでシャンプーオレ ¥850(税抜き)


ハルジオンが咲く頃ティーソーダ ¥850(税抜き)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ