息子を望んだ父親に生後2か月で酸攻撃を受けた23歳女性、今は幸せに(印)

昨今、日本でも「アシッドアタック」という言葉を耳にするようになったが、これは塩酸や硫酸などを使った他人への酸攻撃のことを言う。このほどインドで、生後まもなくして父親から酸攻撃を受けた女性が今は幸せに過ごしているという話題が届いた。『Mirror』などが伝えている。

インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに住むアンモル・ロドリゴウスさん(Anmol Rodrigous、23)は生後2か月の頃、母親の母乳を飲んでいる時に突然、実の父親から酸を母親もろともかけられた。

すぐさま近所の人が気付いて2人を病院に連れて行ったが、残念ながら母親は大量の酸を浴びて大火傷を負い亡くなってしまった。アンモルさんはかろうじて命を取りとめたものの、顔から首、胸や腕など溶けたように火傷を負い左目は失明してしまった。

アンモルさんの父親は当時、「娘でなく息子が欲しかった」という理由で酸攻撃を仕掛けたという。それからアンモルさんは5年間、病院で治療を受けながら過ごした。幸いだったのは、病院の医師や看護師らが彼女の治療費や薬代を補ってくれたことだった。

ほぼ火傷が治癒した後、アンモルさんは病院が取り次いでくれた孤児院に引き取られ、そこで他の孤児達と暮らすことになった。アンモルさんはその時、初めて自分が他の子供達と違うことに気付いたという。現在23歳になった彼女は、このように振り返っている。

「病院にいた当時、私は幼すぎて自分の見た目が他の人と違う理由を気にしたことがありませんでした。だけど孤児院に来て、初めてそれに気づいたのです。誰も私を嫌うことはありませんでしたが、はじめは私の顔を見て怖がっていました。」

「時が経つにつれて、私には多くの友達ができました。しかし孤児院の外となると、それは困難を極めました。大学の成績は非常に良かったのですが友達はいませんでした。いつも孤独で、ランチも一人で食べて誰とも会話もしなかったのです。」

アンモルさんは2年前に大学を卒業したと同時に孤児院を出て、一人暮らしを始めた。もともとファッションに興味があった彼女は、流行のスタイルを取り入れてドレスアップした姿をインスタグラムに投稿するようになった。

アンモルさんの前向きな生き方に人々が共感を得たのか、今では118,000人以上ものフォロワーを持つ。またファッショニスタとして活躍するだけでなく、サルサダンスの特訓も受け、そのビデオを度々インスタグラムで紹介している。

それだけにとどまらず、彼女は酸攻撃を受けて体と心に傷を持った人達を支援するために、非営利団体「アシッド・サバイバー・サハス財団(Acid Survivors Saahas Foundation)」を2016年に設立した。

そして女性活動家や政治家に積極的に連絡を取り、財団を通して酸攻撃で傷ついた女性のために仕事の斡旋をしている。彼女の助けにより、これまで20人の女性が仕事を得たそうだ。また、インド・プネーの大学で地元コミュニティの企画により開催された大規模講演会「TED Conference(テド・カンファレンス)」で、酸攻撃をうけた自分がいかにして人生を克服したかを講演するまでになった。

アンモルさんは現在の自分について、このように話している。

「これだけの傷を負ったにもかかわらず前向きな私の姿を見て人々は驚くようですが、私は世界中にいる酸攻撃の被害者達に対して生きる意欲を伝えたいのです。これが財団を設立した理由でもあります。私は傷を負った人達に助言し、自信を取り戻して立ち直ってもらうことを目的としているのです。」

「私は物心つく前からこの姿でしたが、若い女性が酸攻撃によって容姿を変えられてしまうことは彼女達にとって言葉にならないほどの苦痛なのです。また学校に通っている間に酸攻撃を受けてしまった場合、人目を避けるためにその時点で勉強ができなくなることもあります。」

「そういった人達に私は学問を教えようとしています。彼らがスキルを磨き、仕事を得てきちんと生計をたてられるように手助けをしていきたいのです。」

「酸攻撃は私達の顔を変えてしまうけど、その魂を滅ぼすことまではできません。私達は自分自身を受け入れて自分達の生活を幸せに生きるべきなのです。」

画像は『ANMOL 2019年1月4日付Instagram「The soul that sees beauty may sometimes walk alone」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ