上白石萌音・萌歌、活動8周年に姉妹ショット「一番の理解者」「自慢の妹」

女優の上白石萌音(20)が9日、同じく女優として活躍する妹・上白石萌歌(18)との2ショットをブログに公開した。「今日が、お仕事を始めて丸8年です。」と記念日に際し、妹への思いも綴っている。

上白石萌音は、映画『舞妓はレディ』(2014年)で主演を務め、大ヒットアニメ映画『君の名は。』(2016年)では主役の声を担当した。昨年は堂本光一と井上芳雄がメインキャストのミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』に出演したが、12月5日放送の『2018 FNS歌謡祭』では同ミュージカルナンバーを歌唱した堂本と井上のパフォーマンスに2人に呼ばれて飛び入り参加して場を盛り上げた。また妹の上白石萌歌は昨年は舞台『続・時をかける少女』で主役を務め、人気を博したドラマ『義母と娘のブルース』(TBS)で成長した宮本みゆきを演じ、放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)では物語のキーとなる自殺した高校生・景山澪奈役で出演中だ。

ともに映画・舞台・ドラマなどで活躍し、昨年公開の映画『羊と鋼の森』では映画初共演も果たした上白石姉妹だが、姉の萌音は「あけました」と題してブログを9日更新。「今年はドラマ『記憶捜査』に始まり、映画『アリータ』、『L・DK』、『スタートアップ・ガールズ』の公開 舞台『組曲虐殺』への出演があります。」と多くの出演予定を報告してから、「奇しくも今日が、お仕事を始めて丸8年です。」と記した。

8年前の2011年1月9日は『第7回東宝シンデレラオーディション』が開催された日であり、応募者44,120名の中から妹の萌歌が10歳でグランプリを、12歳の姉の萌音は審査員特別賞を受賞した。萌音はブログで「同じ瞬間にデビューしてから、一番近くにいる同志であり、一番の理解者であり、一番のファンであり、たまに姉のような、自慢の妹、萌歌と。」と綴って2ショットを公開、姉妹の強い絆をうかがわせた。

萌音は「9年目突入、早い… 悩んだり泣いたり笑ったりしながら ここまで続けてこられたのはみなさんのおかげです。」と感謝して、「得難い宝物を大切に、9年目もあの頃の気持ちのまま頑張ります!」と今後の活躍を誓った。

ブログには「それにしても美しい姉妹だこと」「もねちゃんもかちゃん姉妹、憧れます」「萌歌、萌音姉妹ほんとに好きです! ずっと応援してます!」などのコメントが寄せられている。

画像は『上白石萌音 2019年1月9日付オフィシャルブログ「あけました」』『上白石萌音 2018年5月1日付Instagram「萌歌と二人で「羊と鋼の森」名古屋キャンペーンでした」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ