サラリーマン的『超』ファミレス活用術 第1回 正真正銘の"せんべろ"をしてきた


一番身近な飲食店といえば? ファミレスだ。のんびり長居できる店といえば? ファミレスである。安くてお腹いっぱい食べられる店といえば? そう、ファミレスに違いない。このように、あまりにも身近すぎる存在だからこそ、「そういや、最近ファミレスに行ってないな」というビジネスマンもいるのでは? ここでは、知れば通いたくなるビジネスマンにメリット大なファミレス活用術をご紹介したい。第1回は「せんべろ」。

"せんべろ"といえば、味のある穴場の居酒屋に行って、1,000円程度で安くお酒とおつまみを楽しむもの。実は、今ではファミレスでもせんべろ体験ができる時代になっているという。これは飲ん兵衛大歓喜だ。今回は平日14時から18時まで限定で「ハッピーアワー」を実施している「ガスト」でせんべろをしてみた。
○なんと、1,000円でお釣りが来る

おつまみは、「豚肉てんこもやし」(299円)と「トマトとモッツァレラのカプレーゼ風」(299円)。酒は「グラスワイン(赤)」(99円)と「生搾りレモンサワー」(200円)。レモンサワーはハッピーアワー価格だ。これで合計金額が税込で989円。なんと1,000円でお釣りがくる。

ワインと「トマトとモッツァレラのカプレーゼ風」は言うまでもなくベストマッチ。弾力のあるモッツァレラを噛み締めてワインで流すのがクセになる。

だが、筆者のお気に入りは「豚肉てんこもやし」だ。豚肉の濃い味がつまみに最適なのは想像しやすいが、その下に敷き詰められたもやしたちにも甘辛い肉汁が染みていて、実に美味。しかも、これがかさ増しとなって、飲んでいる途中でつまみがなくなるという寂しい思いをせずにガツガツと酒が楽しめる。なんという喜び。

お酒にも注目してほしい。あの"生搾り"である。居酒屋メニューならば見慣れたものだが、ファミレスで"生搾り"が楽しめる時代が到来したとは、感極まる。レモンをギュッと絞って呑むサワーは、やはり"生絞らないサワー"とはひと味もふた味も違う。

これで1,000円。呑み得以外の言葉が見つからない。

物足りなければ、ハッピーアワー適用のアサヒスーパードライのジョッキ(200円)で攻めるのもアリだ。ハッピーアワーに間に合わなければ、ワイン赤白の他、梅酒、紹興酒が常に99円でオーダーできる。
○"サシ飲み"の場合も想定してみた

続いては、サシ飲み向けのオーダー。おつまみは、「ほうれん草ベーコン」(199円)、「山盛りポテトフライ」(299円)、「豆腐のサラダ」(249円)、「さばの味噌煮」(399円)。

二人だからこそ、つまめるもの重視のラインナップにしてみた。ほうれん草ベーコンは量こそ少なめに感じるかもしれないが味が濃い。なので、酒がすすむ。さばの味噌煮も味噌×サバが安定のハーモニーを奏でているとあって、言うまでもなくウマい。

サラダの豆腐は一部地域を除くが、大豆から自社製で作ったものとのこと。これが味の濃いおつまみとの調和に丁度いい。

飲み物はアサヒスーパードライ(200円)、生搾りレモンサワー(200円)、角ハイボール(200円)、紹興酒(99円※ロック)。ハッピーアワーならば、角ハイボールも忘れてはいけない。しっかり濃い目で楽しめるのが嬉しい。

合計で税込1,993円。またお釣りが出た。
○酒宴が盛り上がる!? 「黒トリュフ入りソース」

ちなみに2019年1月16日まで、「トリュフ放題」フェアが開催中。黒トリュフ入りソースが単品200円で注文できる。ドリンクバーで色んなドリンクを作る感覚で、トリュフを色んな商品にかけられる。

世界三大珍味の中でも一番味に特徴のないトリュフだが、この黒トリュフ入りソースはとってもクリーミー。「若鶏の唐揚げ(5コ)」(299円)や前述の「ポテトフライ」のような揚げ物にもよく合う。

生地が厚めにリニューアルしたばかりのピザも、このソースをかければ、味の雰囲気がガラリと変わる。ふんわりと優しい風味が口の中に広がるので、色んな種類の酒とマッチングを楽しんでみるのもいいかも。

筆者は、チーズケーキとトリュフ入りソースを試してみた。意外にも、チーズの甘酸っぱさとソースのクリーミーさがマッチ。好き嫌いは個人差もあるだろうが、一度試してみてほしい。と、このように色々挑戦すれば、せんべろがより一層盛り上がるはず!

※価格はすべて税別

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ