iPhoneの連絡先をMacやiPadに同期する方法


iPhoneの連絡先をiCloudに同期させてしまえば、iPhoneで行った変更が、ほかのデバイスの連絡先にも自動で反映されるようになります。

また、iPadや Macで行った変更も、iPhoneにも自動で反映されます。iCloudに連絡先を同期させると、iPhoneやMacを持っていなくても、ウェブ経由で連絡先情報にアクセスできるというメリットも。

以下に、Appleデバイス間で連絡先を安全に同期する方法を解説します。

最初に:連絡先をバックアップする


iOSの連絡先を簡単にバックアップする方法はありません。連絡先をバックアップするには、デバイス全体をバックアップする必要があります。ここでバックアップをとっておけば、次のステップ以降で問題が発生しても、データを失うことなく復元できます。

バックアップ作業はiTunesで行います。手順は以下。
  1. MacまたはWindows PCでiTunesを起動し、iPhoneを接続する。
  2. デバイスのアイコンが表示されたらそれをクリックし、[概要]タブの[今すぐバックアップ]をクリックする。
  3. バックアップが完了するのを待つ。
20190101-contacts01
Image: MakeUseOf

また、バックアップをiCloudに保存することもできます。

iPhoneの連絡先をiCloudに同期する


iCloudはアップルのクラウド同期&ストレージサービスです。iCloudストレージは、ファイルの保存、紛失したデバイスの捜索、データ転送など、さまざまな用途に使うことができます。

iCloud.comは、あらゆるブラウザからもアクセス可能。iCloudは、連絡先の同期にも使えます。1つのデバイスで連絡先に変更を加えると、すべてのデバイスに自動的に反映されます。

iPhoneで連絡先のiCloud同期を有効にするには:
  1. [設定]アプリを起動し、ユーザ名をタップする。
  2. [iCloud]をタップしてから、[連絡先]の横にあるチェックボックスをオンにする。
  3. [統合]するか[キャンセル]するかを尋ねられたら、[統合]をタップする。

注意:iOS 10.2以前を使用している場合は、[設定]アプリを起動してから[iCloud]をタップしてください。
20190101-contacts02
Image: MakeUseOf

iCloudにすでに連絡先が保存されていた場合、古い連絡先と新しい連絡先が統合され、すべてのデバイスに同期されます。すでにiCloud同期が有効になっていた場合でも、機能をフルに使うために、MacやほかのデバイスでもiCloud連絡先を有効にしてください。

つづいて、iPadやiPod Touchでも、iPhoneと同じ手順を行えば、すべてのデバイスで同じ連絡先にアクセスできるようになります。

MacでiCloud連絡先を有効にする


Macでも同じ手順を実行すれば、iCloudにアップロードされた連絡先をダウンロードすることができます。
  1. いつもどおりにMacにログインし、[システム環境設定]をクリックする。
  2. [iCloud]を選択して、自分のApple IDにログインしていることを確認する。
  3. [連絡先]の横にあるボックスをチェックして、iCloud同期をオンにする。
20190101-contacts03
Image: MakeUseOf

これで、今後は連絡先がiCloud経由で同期されるようになります。Macで連絡先を追加すると、iPhoneにも反映され、その逆も行われます。Macから連絡先にアクセスするには[連絡先]アプリを使います。連絡先情報は、メッセージやメールなど、ほかのAppleアプリからも利用できます。

連絡先を整理する


iCloudを使って各デバイスの連絡先を同期させたら、こんどは連絡先の整理をしましょう。これまで連絡先を同期してこなかった場合、統合された連絡先に、重複や不整合が起きている可能性があります。

Macで連絡先の整理を行うには、まず[連絡先]アプリを起動します。サイドバーで[iCloud]の連絡先を選択し、不要な連絡先情報を削除したり、必要な連絡先を追加するなど、連絡先の整理を行います。また、[カード]>[重複項目を検索]をクリックすれば、重複したMacの連絡先情報を探して、統合することができます。
20190101-contacts04
Image: MakeUseOf

Webブラウザ(Windowsユーザーに最適)から連絡先の整理を行うには、まずiCloud.comにアクセスして、アカウントにログインします。[連絡先]を選択すると、連絡先が表示されます。ここで、新しい連絡先を追加したり、既存の連絡先を変更したり、不要になった連絡先を削除することができます。

編集作業が終わり、しばらく待てば、ほかのデバイスにも変更内容が反映されます。

連絡先をエクスポートする


連絡先をAppleのエコシステムからエクスポートするには、Macを使います。 まず、すべてのデバイスをiCloudと同期し、連絡先の整理が終わっていることを確認してください。

Macでは、[連絡先]アプリを使って行います。
  1. [連絡先]アプリを起動し、サイドバーで[iCloud]を選択する。
  2. [編集]>[すべてを選択]をクリックするか、ショートカット[Cmd+A]を使って、すべての連絡先を選択する。
  3. [ファイル]メニューの[書き出す]>[vCardを書き出す]を選択し、連絡先のエクスポート先を指定する。
20190101-contacts05
Image: MakeUseOf

Webブラウザの場合(Windowsユーザ用):
  1. iCloud.comにアクセスしてログインし、[連絡先]をクリッする。
  2. 連絡先をすべて選択する。(Macの場合はCmd+A、Windowsの場合はCtrl+A
  3. 画面左下の[設定]アイコン(歯車アイコン)をクリックする。
  4. [vCardを書き出す]を選択して連絡先をダウンロードする。

エクスポートしたvCardファイルは、Gmail、Outlook、または、そのほかの連絡先管理サービスにインポートすることができます。

新しいスマホを買ったら?


連絡先をiCloudに保存し、Apple IDに関連付けておけば、連絡先データを失う心配はもうありません。新しいiPhoneまたはiPadを購入した際も、アカウントにサインインするだけで、魔法のように連絡先が現れます。

1つのデバイスで行なった変更は、接続しているすべてのコンピュータ、タブレット、スマートフォンに反映されます。

iPhoneからAndroidに乗り換えたくなったとしても、あらかじめiCloudに連絡先を同期しておけば、データを失わずに引き継ぐことができます。

あわせて読みたい

Image: thanmano/Shutterstock.com

Source: Apple

Original Article: How to Sync Your Contacts From iPhone to Mac by MakeUseOf

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ