『ねほりんぱほりん』に仮想通貨投資家 1年で3~4億円稼いだゲストの正体に注目集まる

しらべぇ

2019/1/10 11:30

(Jirapong Manustrong/iStock/Getty Images Plus)
9日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には、仮想通貨の投資家が登場した。インターネット上で流通しており、紙幣や硬貨がなくデータだけで存在している仮想通貨の特徴は、株や為替より激しいとされる値動き。

今回は、ゲストの仮想通貨投資家が自身の生活を明かした。

■私生活や株を始めたきっかけを暴露


2018年は3~4億円以上稼いだと語るゲストは、2017年の秋から投資を始めたという。儲かったその後は、お金持ちがしている遊びをしてみたいと思い、クラブのVIPを全部借りて高級シャンパンを入れた。

家はタワーマンションの40階で、天気がいい朝は富士山が見えるほか、花火も見えるという。しかし景色は1週間で飽き、現在は一切見ないと語っている。

なお、ゲストはギャンブルのように、自分が許容できない範囲のお金を動かしていたことがあったが、その最中、失敗して全財産を失ったことがあるという。その結果、死のうかと思い、40階から飛び降りようとしたことを暴露。

そんなゲストは、投資家を始める前はバンドマンだった。当時、給料は想像以上に低く、40歳や50歳になっても給料がもらえるか不安になり、株を始めたそう。しかし、メンバーからは「ロックじゃねぇ」「そんな金が好きか」といったバッシングを受け、最終的にバンドは解散した。

■「バンドの元メンバー」予想合戦に


視聴者の間では、今回のゲストが2009年に結成されたヴィジュアル系ロックバンド「ViViD」の元メンバーではないかという声や、ゲストの正体が「分かった気がする」といった声が相次いだ。









■仮想通貨を購入してみたい人の割合は?


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,353名を対象に「仮想通貨を購入してみたい」かどうかを調査。

「購入したい」と回答した男性は15.1%で女性は13.7%と、どちらも「購入したくない」という回答の方が多かった。今回のゲストの話を聞いて「仮想通貨を購入してみたい」と考える人も出てくるかもしれない。

・合わせて読みたい→解決すべき「平成の宿題」とは? 池上彰が生活を揺るがす身近な危険を解説

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,353名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ