超絶美人なのに…「自分に自信がない」2世セレブが苦悩を明かす

女子SPA!

2019/1/10 08:44



父と叔父がハリウッド俳優という家系に育ち、自身もトップブランドのモデルとして活躍中のヘイリー・ビーバー(22)。2017年にはイギリスの男性誌『マキシム』で“世界一ホットな女性”にも選ばれた超人気の2世セレブだ。

そんなパーフェクト美女のヘイリーが、SNSで自身を他人と比べ、常に不安な感情にかられていることを告白し話題になっている。今回自分が告白することで、同様の問題を抱えている女性たちの助けになればと考えているというヘイリー。笑いながらピースサインでポーズしている写真を投稿し、こう綴っている。

「2019年になって思うことは、もっとオープンになりたい、私が悪戦苦闘していることをオープンに話して、もっと自分をさらけ出すこと。私は22歳で、外からは自分の人生がどんなに素晴らしく見えたとしても真実は私が苦しんでいるということ」

「私は不安で一杯だし、もろいし、傷ついていて、恐怖を感じていて、疑念を抱いていて、悲しくなったり、怒りを感じることもある。数えられないほどの日々を、インスタグラムをスクロールしながらの私のルックスと比べて、自分には足りないものがあり過ぎると思いながら過ごしたわ。常に自分がダメだと感じているので、いくら頑張っても自分に自信が持てないでいるの」

「毎日私は自信を保とうと闘っている」

「同情してもらおうと思ってこれを書いているのではないわ。ただ、私は人間だと言いたかった。私は若い女性で、自分が何者であるかを学んでいる。でもそれは本当にびっくりする位難しい。自分を見つけることも難しいけど、それより大変なことは、そうしている間にも、ほかの女性と比べられてしまうこと。ただ、ボロボロになってしまう日もあるのよ」

ヘイリーはまた、自分も欠点を受け入れるよう努力するから、他の女性たちもそれに続いてほしいと訴えた。

「若い女の子や女性達が、自分達と同じように引け目を感じている他の子達にそう感じさせることを止めて、お互いを励まし合うことが出来たら素晴らしいわね。私達はみな欠点がある。そのことは変わらない。ただわかっていることは、神様は理由があって私達をみんな違った風につくって下さったということ。

私達はそれぞれの美しさがあり、それぞれの個性があり、それぞれのストーリーがある。だってそれは、人それぞれ違った(神様の)ご計画と目的があるから。神様は間違わないわ。だから、今年はただありのままでいて、自分に自信をもてるよう最高にがんばるの。だって、私は十分良くできているし、愛されている。あなただって一緒よ」

ヘイリーといえば、日本でもおなじみのスーパースター、ジャスティン・ビーバーと昨年結婚したばかり。

長いあいだ交際&破局を繰り返してきた2人だったが昨年復縁し、婚約。結婚について公式な発表はなかったものの、ヘイリーがインスタグラムのハンドル名を「ヘイリー・ボールドウィン」から「ヘイリー・ビーバー」に変更。また、ジャスティンもインスタグラムでヘイリーを「僕の妻」と表現するなど、すでに2人が結婚したことを示唆している。

ジャスティンと婚約する前には、超イケメン歌手のショーン・メンデスとの交際が噂になっていたヘイリー。「ただの友達」としていた2人だったが、ショーンはその後のインタビューで、ヘイリーとは友達以上の関係だったことを明かしつつ、「彼女は最高にクール。見た目はもちろん、心も誰よりも美しい」と大絶賛している。

役者一族という華やかな家柄出身で超人気モデル、さらに世界的スターたちを虜にするモテぶりを発揮しているヘイリー。それでも「自信が持てず不安」と語るヘイリーに親近感をおぼえ、勇気づけられた女性たちもいるだろう。ただここ最近、奇行が目立っている夫のジャスティンの精神状態を心配する声も上がっているので、くれぐれも夫婦2人であまり落ち込まないようにしてほしい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ