広瀬すずに土屋太鳳…年末年始やらかしちゃった生放送ハプニング集

日刊SPA!

2019/1/10 08:50



年末年始になると、テレビの世界で増えるのが生放送番組。この特別な時期には、数多くのバラエティ番組などが、生放送されるのがお決まりとなっている。しかし、“生”となれば付きものなのがハプニングだ。

例えば、2018年のお正月には、お盆などで股間を隠す裸芸を見せるアキラ100%がやらかした。『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ系)で、アキラ自身、初めての経験だという失敗をしてしまい、一瞬股間が露わに。新年から、お茶の間を震撼させる事態となってしまったのだ。

これが直接的に影響したのかどうかは分からないが、2018年にアキラ100%をメディアで見かける機会が、めっきり少なくなってしまった。年末年始の番組には、テレビ関係者も注目しているのか、その生放送でのアクシデントやミスは、その芸能人の次の一年に、大きく関わるのかもしれない……。

そこで今回は、この’18~’19の年末年始の生放送で起きたハプニングを、まとめてご紹介する。

◆『輝く!日本レコード大賞』:土屋太鳳が謝罪

2018年12月30日に放送されていた『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS)で司会をしていた土屋太鳳は、番組内でハプニングを起こし、後に謝罪した。年末の恒例となっているこの音楽賞で、女優であり、司会経験の少ない彼女が大役を務めることに対しては、放送前から不安の声が上がっていたが、それが現実となってしまった形だ。

トラブルが発生したのは、優秀作品賞を受賞したAKB48『Teacher Teacher』の曲紹介をした際。土屋は、AKB48が上手く言えず「ふぉーてぃ……ふぉーてぃ……」と、つっかえてしまったのだ。

31日にインスタグラムを更新した土屋は、この件について、「想いが込み上げすぎて」と理由を説明。卒業のため、最後の「レコ大」ステージとなるメンバーがいたことが影響し、言葉が出なくなってしまったようで、「本当にごめんなさい」と謝った。

◆『紅白歌合戦』:ハプニングだらけが、逆に良かった!?

長時間の生放送だから仕方ないとはいえ、毎年ハプニングが起こる「紅白」。2018年末の『第69回NHK紅白歌合戦』でも、たくさんのトラブルやミスがあった。

ミスを連発したのが、土屋と同じく、女優でありながら司会を務めた広瀬すず。緊張からか、「欅坂46」を「乃木坂46」と紹介したり、曲紹介が途中で途切れてしまうという場面があった。

他にも、カメラ切り替え時に舞台袖が映ってしまったり、スタッフが映り込んでしまったりといったハプニングも多かった今回の「紅白」。しかし、こうした“生”ならではの臨場感が功を奏したのか、後半の第2部は、平均視聴率で40%を超える高視聴率を記録した。

◆『ジャニーズカウントダウン』:マリウスがステージから転落

フジテレビで生中継された『ジャニーズカウントダウン2018-2019』。ジャニーズの所属タレントが一堂に会し、年越しを盛り上げるこのライブでも、大きなハプニングがあった。

年明け二分前ごろのこと、デビュー曲である「Sexy Zone」を歌っていたSexy Zone・マリウス葉が、舞台から転落したのだ。どうやら、ステージ後方の空洞に気づかず、後ろに下がった際に、落ちてしまったようなのだ。これには、放送を見ていた視聴者も驚き、その情報がSNSで拡散され、「マリウス」がツイッターのトレンド1位になったほど。

幸いケガなどはなかったようで、その後には舞台に戻り、元気にパフォーマンスを披露。生放送終了後には、「失礼しマリウス!」と、ユーモアを交えて謝罪したという。これにはファンも胸をなで下ろし、舞台に復帰したプロ根性を絶賛する声も多く上がった。

◆『爆笑ヒットパレード』:ろれつが回らない芸人を心配する声も

昨年は、アキラ100%のアクシデントがあった「爆笑ヒットパレード」だが、今年の『第52回爆笑ヒットパレード2019』では、和牛・水田信二の体調が、大きな話題となった。いつもは滑舌の良い彼だが、この番組内で漫才を披露した際には、ろれつが回らない箇所が少なくなかったのだ。

これに対し、ネットの一部では、脳梗塞といった病気を疑い、心配する声も上がっていた。しかし、原因は病気ではなく、売れっ子芸人ゆえの、多忙による極度の寝不足だったようだ。

同番組のひな壇に座っていたときにも、眠そうな様子だった水田。NON STYLE・石田明には、同じような姿だったかまいたち・濱家隆一とともに、寝ていた証拠として、目を閉じている瞬間の写真をツイッターに上げられてしまった。

◆『東西笑いの殿堂』:生放送で結婚を報告!?

3日に放送された『新春生放送!東西笑いの殿堂2019』(NHK)で、ハプニングを起こしたのが、メインを務めていた爆笑問題太田光

番組冒頭のあいさつ中、隣に並んでいた同局のアナウンサー雨宮萌果に、交際・結婚が報道されているタレントの篠山輝信と「結婚するんでしょ?」と、いきなり突っ込んだのだ。

これに対し雨宮は、「はい、あのー、もうじき」と認め、スタジオは拍手でいっぱいとなり、お祝いムードに。結果的には、新春らしい、おめでたい放送となった。

――たくさんのトラブルやアクシデントがあった年末年始の生放送。予定調和ではない、“生”でしか見られないような瞬間が、数多く生まれていたようだ。今年の年末と来年の年始には、どんなハプニングが見られるのだろうか。今から楽しみだ。<文/後藤拓也(A4studio)>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ