杉咲花・新田真剣佑ら”十二人”の死にたい理由は? 新たに場面写真公開


映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日公開)のキャラクター画像が10日、公開された。

同作は、冲方丁による密室ゲーム・サスペンスを実写化。廃病院を舞台に、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」という集団安楽死をするために集結した12人の未成年たちの前に、ルール違反の13人目の死体が現れ、ミッション達成が崩壊し出す。剥き出しになる12人の死にたい理由と、犯人捜しの追及が同時進行していく。

キャスト情報が明らかとなると、解禁と同タイミングでワーナーブラザースジャパン公式Twitterに投稿された特報映像の再生数は24時間で600万回を突破し、『銀魂』『ファンタビ』を超え、2018年ワーナー作品におけるNo.1の再生数を記録(ワーナー調べ)。公式Youtubeにアップされた新たな予告編も24時間で100万再生を超える大反響となった。さらに中国でも関心を集め、公開が決定していない日本映画の予告、また無字幕の映像にも関わらず、再生回数は200万回を超えているという。

公開されたキャラクター画像は、12人それぞれが抱えている“死にたい理由”のヒントとなる二字熟語が表され、画像の片隅にはそれらを象徴するアイコンが添えられている。さらに今回場面写真も一挙解禁に。杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈と2018年をことごとく席巻した若手オールスターキャストと、堤監督にオーディションによって選び抜かれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される新鋭たちのキャスティングが反響を呼んだが、今回公開された場面写真は彼らの息の詰まるような心理戦が垣間見える画像となっている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ