オーストラリアが近くなる!今秋ANAが西海岸のパースへ新規就航!

IGNITE

2019/1/10 07:00


インド洋に面する温暖な気候の街、オーストラリアのパース。

ANAは、現在運航中の羽田・シドニー線に加え、2019年9月1日(日)より成田とパースを結ぶ新路線を開設、毎日運航することを発表した。



■パースとは
今回ANAが就航する西オーストラリアの州都パースはインド洋に面しており、一年を通して温暖な気候と晴天率の高さで知られている。

自然豊かな郊外には、“世界一幸せな動物”といわれているクオッカが生息するロットネスト島や、神秘的な奇岩群が荒野に並ぶピナクルズを始め、野生のジンベイザメやイルカに触れ合える世界遺産のニンガルーリーフやシャークベイがある。



またプレミアムワインの産地マーガレットリバーや、春の訪れと共に咲き乱れる12,000種のワイルドフラワーなど見所が豊富な観光地だ。



■日本人に人気のオーストラリア
日本人渡豪者数は、過去4年にわたり堅調に伸びており、2017年にオーストラリアを訪れた数は年間434,600人(対前年比4%増加)。国別では5位となる日本市場は、オーストラリアの観光産業にとって最も重要なマーケットの一つでもある。

これまで、日本からの直行便はオーストラリア東海岸を中心に運航されていたが、今回のANAによる西海岸のパースへの新規就航は大きな影響となるだろう。



パースへの直行便は、旅行者にとっても嬉しい話。この機会に、ぜひオーストラリアの新しい魅力に触れてみたい。

(田原昌)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ