<試写室>「―QUEEN」シリアスな展開の中に“程よい”コミカルさ…絶妙のバランス

ザテレビジョン

2019/1/10 06:00

2019年が始まって早々、SNSで最も話題になっているのは、何と言っても前澤友作社長の“1人100万円のお年玉”だろう。

「貧乏暇なし」を地で行く筆者のような庶民にとっては夢のような話だし、単純にフォロー&リツイートだけでチャンスが得られるのであれば誰も損しないはず。それなのに残念ながら否定的な意見や便乗する輩も出ているとか。

「だって今、そういう時代じゃん? 仕方ない」で片付けるのは簡単だが、そういう100人中100人が味方になり得ない切ない時代だからこそ、秘密裏に世の中を動かす“危機管理のプロ”も必要不可欠だ。

今回はそんな人たちが活躍するドラマを紹介したい。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、1月10日(木)にスタートする竹内結子主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※初回は15分拡大)を取り上げる。

本作は危機管理が専門の弁護士・氷見江(竹内)が、パワハラやセクハラ、名誉毀損などの社会的トラブルやスキャンダルの裏側で、それらを解決に導く姿を描くオリジナルストーリー。

氷見は、右腕的存在の優秀な弁護士・与田知恵(水川あさみ)や、エリートなのに頼りない新人弁護士・藤枝修二(中川大志)、無責任な副所長・鈴木太郎(バカリズム)、謎多き事務員・真野聖子(斉藤由貴)と共に奔走する。

■ 第1話あらすじ

国民的アイドルグループ・フォレストが冠番組「フォレスタジアム」の生放送で歌を披露する中、センターを務める赤江桃子(中村ゆりか)が歌うことをやめてしまう。

そんな桃子をリーダーの白石杏里(馬場ふみか)が手で突き飛ばしたことから、桃子は過呼吸になってしまう。

この模様が全国に流れたことで、フォレストには不仲説や解散疑惑が報道され、ネットが大炎上する。「フォレスタジアム」には大量のクレームが寄せられ、杏里への殺害予告も届く。

事態を重く受け止めたテレビ局・ミナトテレビは、番組内でフォレストの謝罪会見を放送することに。謝罪会見は収録で行うことになったが、プロデューサーが万が一に備え、危機管理の専門家である氷見に協力を依頼する。

そして収録当日、氷見ら危機管理部のメンバーはミナトテレビに向かい、フォレストのメンバーと面接を行うが、一筋縄ではいかない彼女たちは、次々と予想外の出来事を巻き起こす…というのが第1話のストーリー。

■ 独断と偏見のレビュー

誤解を恐れずに言えば、正直このドラマを見てウルッとくるとは思わなかった…。

そう書くと受け取り方次第で悪口にも見えてしまうかもしれないが、言いたいのはそこじゃない。

タイトルやビジュアルなどを見た限り、スタイリッシュでカッコイイ感じなのかと勝手に思い込んでいたから(実際にそういう面もある)、まさか泣かされそうになるとは思わなかっただけだ。

個人的に最近アイドルさんと密接に関わる仕事をしているからか、リアルに感じる部分も多く、感情移入がしやすかったのかもしれないが、ドラマの第1話というのは、やはりこういう“現代っぽさ”を突いて視聴者も入り込みやすいテーマを選ぶのが正解だろう。

そして竹内演じる主人公の氷見や、水川演じる与田、中川演じる藤枝、バカリズム演じる鈴木、そして斉藤扮(ふん)する真野という主要キャラクターも個性豊か。

第1話なのでそこまで深く掘り下げられてはいないが、竹内は“肩の力が抜けた優秀な女性”を演じさせたら右に出る者はいないと思う。初回なのに安心して見ていられた。

あと、個人的には中川のキャラが気になる。エリートでイケメンなんて聞くともう敵としか思えない(※嫉妬)のだが、この「は?」だけで圧倒できそうな頼りないオーラ、フォレストのファンのくせに隠しちゃう感じ、中川のかわいらしい要素がふんだんに出ていて、これはファンがつきそう。

そういうキャラ作りの面に関しては、脚本の力はもちろんだが、“キャラクター監修”を才能の塊・バカリズムが務めているということで鬼に金棒状態。

振り切ろうと思えばいくらでもシリアスにできる場面にも、あくまで“ほんのり”クスッと笑える要素が入っている。

その「シリアスさを崩す」塩梅がちょうど良く、文字にするととっつきにくい部分もすんなり見られるようになっているのかもしれない。

第1話では芸能界について描いているだけに、白々しくしないためにもリアルさは当然求められるものの、いき過ぎたらそれはそれで面白くないだろうし、夢がなくて視聴者も興ざめしてしまう。

だからこそ、このリアルという“両刃の剣”を絶妙な温度感で崩すテクニックが一番大事なのだと思う。

それが本人もドラマの会見で「ちょっとしたやりとりや会話に、笑いを入れたり、軽く手を入れたりしています。『あ、面白いな』と思ったら、それは僕の手柄です(笑)」と言っていた部分なのかも。ズルいなあ。

「手を入れた」とおぼしき部分に、実に“らしさ”が出ていて、これが全て本当に彼の手柄だとしたらその才能には嫉妬しかない。

ちなみに自身は絶妙に小憎らしいキャラを演じているのもミソ。ちょっとコントっぽいところもあった気がしたが、それはご愛嬌ということで。

キャラといえば、他に泉里香の報道記者役もハマっているが、第1話で登場する国民的アイドルグループ・フォレストを忘れてはならない。

リーダー・白石杏里を馬場ふみか、センター・赤江桃子を中村ゆりか、ダンスメンバー・蒼井ゆず季を秋山ゆずき、緑川林檎を伊原六花という、画面に現れたらいい意味でカメラを止めてずっと見ていたくなる美しい4人がそれぞれ演じている。

理由は言えないが、何を隠そう1話で泣かされそうになったのはこの4人にだ。

アイドル飽和時代ともいわれ、毎年多くのグループが生まれてはどんどん淘汰されていく現代。SNSの「大切なお知らせ」で、唐突に解散発表というのも珍しくない。

実際フォレストが劇中のテイストそのままにリアルでアイドルデビューしたとして「国民的アイドルグループ」になれるかどうかは分からないが…個人的には推せる。理由は見てもらえれば分かるはず。

もし前澤社長のリツイート企画で100万円をもらえたら、彼女たちの握手会につぎ込みたいくらいだ。

えっ、RT企画ってもう終わってる?

おかしいな、第3弾が始まったってツイートを見掛けたので、またすぐにアカウントをフォロー&リツイートして、おかしいなと思いつつ優遇条件だという10万円を振り込んでしまったのに。

氷見さん、危機管理能力なさ過ぎる私を助けてください。(ザテレビジョン・文=人見知りシャイボーイ)

https://news.walkerplus.com/article/175249/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ