すべてのカップルがたどるセックスライフステージ5つ




カップルとはいえセックスのお悩みは尽きません。最近あまりセックスをしていない、体の相性が合わない、どうやってラブライフを楽しめばいいか分からない、なんて悩んでいませんか?
でも大丈夫、ほぼすべてのカップルはそんな状態を経験しています。今回は全てのカップルがたどるセックスライフステージをお届けしましょう!

セックスのライフステージ

ステージ1: ふたりのテンションは最高潮・いつでもセックスしたいくらい



お互いの恋愛感情が高まり、めでたくカップル成立。相手のことをもっとよく知り、愛したいと思う気持ちが最高潮に達するので、熱いラブライフが繰り広げられます。このステージではとにかくセックスがうれしくて、楽しくて仕方がないのです。
フォアプレイにもしっかり時間をかけて、貪るように愛し合い、心も体も満たされるようなセックスが楽しめます。

ステージ2: お互いの相性も分かってきて、ちょっと冒険もしたくなる

恋愛当初のテンションは多少落ち着きつつも、まだまだ充実したラブライフを送るのが、この第二ステージ。体を重ね合うごとに体の相性が良くなるばかりでなく、セックスのクセや嗜好なども分かってきます。だからこそより満足度の高いセックスを目指して、いつもと違うことをトライしたり、もっと大胆にふるまってみたりしたくなる時期でもあります。
お互いの気持ちと工夫で、さらにセックスのクオリティを高められることでしょう。

ステージ3: 一時的な盛り上がりが収まり、安定の“コンフォート”フェーズへ

どんなにセックスを楽しんでいたカップルでもある程度の時間が過ぎれば、興奮や盛り上がりも落ち着き、セックス頻度もだんだん減少していきます。だからといってマンネリ化するという訳でもなく、カップルとして強い絆で結ばれているという安心感が育まれる時期と言えます。
お互い背伸びしたり、ムリをしたりしなくてもいい、安定感のある居心地のいい関係を築けている証なのです。

ステージ4: 気がつけばセックスレス? だんだん焦りが出てくる時期



パートナーに対する信頼感は深く、居心地のいい関係が続きます。セックスが減ってきても、精神的には愛されている実感もあるので、とくに気になりません。でもそんな状態が何か月か続くうちに気づいてみればセックスレスになるかも、なんて焦りを感じ始めるようになると、気持ちがざわついてきます。
しばらく続いていた安定感が徐々に崩れ、セックスをスケジュール化したり、セクシー下着で迫ったりなど試行錯誤を繰り返します。

ステージ5: 休日・旅行などストレスフリーな状態でときめきを思い出す

セックスに対するテンションは下がり、停滞気味が続きます。
でもそんな状態も、長めの休日、旅行などストレスフリーになることで、ときめきや興奮を思い出すようになります。停滞感もちょっとしたことがきっかけで、また以前のテンションを取り戻すことができるようになるでしょう。一番大事なことはセックスをプレッシャーに感じたりせず、リラックスして相手のことを愛おしむ気持ちそのものに素直になってみることです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ