君のキレイな眼を撮りたいから、ニコン Zにも「瞳AF」が後付けでやってくる #CES2019

180109_nikon_z_eye_af_update
Image: Gizmodo US

しかも君“たち”です。後ろの人の瞳にもフォーカスインです。

2019年1月時点でフルサイズミラーレス界の覇権を争っているソニー、ニコン、キヤノン。それぞれのメーカーのユーザーは「こっちにはコレがあるけど、そっちにはないじゃん」と、自分んちの芝生が青いことをアピールしています。

その戦いのリングとなりやすい機能の1つが瞳AF。顔ではなく、瞳にフォーカスをビシィッと合わせるスキルですね。ソニーのα7/α9系にはあります。キヤノンのEOS Rにもあります。ニコンのZシリーズにはありません。

でも今後のフォームウェアアップデートで、ニコンのZシリーズでも瞳AFが使えるようになるみたい。ただいま開催中のCESに合わせて、ニコンが予告しました。もう「いいんだよポートレートは撮らないから」と言わなくてもよくなるみたい。



Nikon Europeが公開したデモムービーを見ると、おおお、確かに瞳にフォーカスが合っています。また2人のモデルがいるシチュエーションでは、どのような操作をするのか不明ですが、どちらのモデルの眼にもフォーカス・イン。

現時点ではこれ以上の情報はわかりません。たとえば左右の眼のうち、近い方にフォーカスを合わせてくれる機能があるのかどうかは不明です。そしてこの機能こそが、ポートレート撮影においてもっとも大事。ニコンさん。どこまで作り込んでくるでしょうか。

しかし瞳AFもポピュラーな機能となってきましたね。次のAFのトレンドは何になるでしょうか。猫AFでしょうか。それとも飯テロAFでしょうか。

Source: Nikon Rumors, Digital Photography Review

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ