乃木坂46齋藤飛鳥らが“はたちの献血”を呼びかけ「献血はアイドル活動に似ている」

乃木坂46の齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希が、9日、日本赤十字社の「はたちの献血」キャンペーン記者発表会に登壇。キャンペーンキャラクターとして献血の重要性を呼びかけた。

「はたちの献血」キャンペーンは新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く国民各層に献血に対する理解と協力を求めることを目的とし、2月28日(木)まで開催。乃木坂46が出演するテレビCMを放映する他、期間中に献血に協力した10~20代に先着15万名にオリジナルクリアファイルをプレゼントするなど、様々なキャンペーンを行っている。

キャンペーンキャラクターに就任したことについて齋藤は「私自身も(献血について)初めて知ることがたくさんあったんですけど、私たちがキャンペーンキャラクターになることによって、若い世代の方だったりとか、なんとなく知ってるけど具体的なことはよくわからないなって思っている方にも同じようにいろいろと知っていただけたらすごく嬉しいなと思っているので、そういう存在になれるように頑張りたいなと思っています」と意気込みを語った。

献血のイメージついて与田は「アイドルとしての活動と少し似ている部分があるなと思いました」とコメント。「私たちも握手会とかで『元気づけられたよ』とか言っていただけてすごく嬉しいんですけど、献血も同じで自分を必要としてくださっている誰かのためにというのは共通なんじゃないかなってイメージです」と献血とアイドルの共通点を見出した。

また、今年成人式を迎える斎藤は、二十歳になっての抱負を書初めで発表。毛筆で「繋」と書いた色紙をお披露目し「2018年はメンバーの卒業があったり、4期生の加入があったりして、入れ替えが激しい1年だったので、人の繋がりっていうものをすごく強く意識した1年だったし、今回こうやって二十歳の献血キャンペーンのキャラクターをやらせていただいて、人との繋がりによって、誰かの力になれるのを改めて感じたので、今年は繋がりっていうのを意識して生きていけたらいいなと思って書きました」と書初めに込めた思いを語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175285/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ