MateBook 13ハンズオン:MacBook Airの強力なライバル #CES2019

mbp
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

Huawei(ファーウェイ)がラップトップ商戦に参戦するようになってから、はや数年が経ちました。ラップトップ業界では新顔のはずのHuaweiですが、MateBook X Proの大成功を経ていっきに波に乗り、今年は早々と新しいMateBook 13をリリースしてきました。

価格は堂々の1000ドル(約108000円)より。Intel Core i5-8265U CPUをチップに載せ、メモリは8GB、ハードドライブは256GB PCIe SSDで、スクリーンは13インチの2160 x 1440タッチスクリーンを採用しています。色はミスティックシルバー。 MateBook 13はHuaweiのフラッグシップラップトップといえます。そしてそのライバルはズバリ新しいMacBook Air、明らかに標的にしています。MateBook X Proと同様MateBook 13はアルミ製の筐体に加え、全体的にAppleがこれまで作り出してきたデザインセンスをすべて踏襲しようとしているのが明らかです。

新型MacBook Airより軽く、便利なドックも付属


CESでMateBook 13を手にとったとき、Huaweiの展示会担当者は「重量わずか1.27キロ、厚さ1.49センチなんだよ」と強調してきました。そうです。MateBook 13は 新型のMacBook Airよりも薄くて軽いんです。MateBookはMacBook Airのようななめらかな流線形を描くようなデザインではありませんが、 手にしてみるとそんなに薄いのかなあという印象。どちらかといえば13インチのMacBook Proといった雰囲気。

1
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


1-2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


1-3
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


1-4
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


1-5
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


Appleのクローン製品とまでは言えないまでも、MateBookはApple製品のキーボードと比較すると各段にタイピングのしやすいチクレット型キーボードを搭載しています。また電源ボタンは指紋認証リーダーにもなっているため、システムをオンにすると同時にWindowsにログインできるワンタッチ起動を便利に使えます。

ハード面では、「デュアル」ファンSharkfin 2.0冷却システムでMateBook 13のクーリングを劇的に改善したと主張しています。Huaweiによれば、通常のラップトップ製品と比べると、25パーセント以上も熱排気をうまくできるとしています。これは、プロセッサCore i7-8565U、メモリ8GB、ハードドライブはSSD 512GB、Nvidia MX150のグラフィックカードを載せてグラフィックボード専用のメモリである「VRAM」は2GBを備えたMateBook 13の1300ドルバージョンにはうれしい向上点だと思います。

ところで、MateBook 13にはUSBタイプCポートが2つしかついていません。MateBook X ProにはUSB-AとUSB-Cがついています。 MateBook 13にはもっとつけられるスペースがあるのにどうしてこの仕様なのかちょっと理解に苦しみますが、これを補うためか、MateBook 13にはMateBook Dock 2が無料で付属しています(通常に購入すれば約70ドルはします)。 USB Type-A、HDMI、Ethernet、VGAポートを備え、これらの端子を持つ機器とスムーズな接続が可能です。

画面は綺麗だが、MateBook X Proほどではない


MateBook 13は2018年にリリースされた、私がいいなと思っているラップトップの廉価な代替製品というにふさわしい逸品といえます。ただし、MateBook 13の画面の輝度は300 nit。1000ドルクラスのラップトップには、まあ平均的と思える仕様です。欲を言えば、素晴らしい輝度に3000 x 2000と密度ある解像度、生き生きとした色彩を持つMateBook X Proの画面を見てからこっちを見たら、ちょっとがっかりするかも。MateBook X Proの画面は数あるすぐれた機能の中でも最高といえるものでしたから。それでもMateBook 13のディスプレイはまあまあよいですよ。MateBook X Proと比較すると少しだけ劣るというだけのことです。
2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

もう一点気になるのは、MateBook 13のバッテリー寿命。Huawei公称ではNvidiaのグラフィックカードを搭載したバージョンで9.6時間としていますが、標準仕様では10時間です。Huaweiが控えめに公表しているだけかもしれませんが、この数字が本当なら、MateBook 13のバッテリー寿命は実際に使い始めたら、平均的かちょっと平均より上程度となり、バッテリー寿命が各段にすぐれているとはいえなさそう。

発売日は1月29日とされていますが、その日からMateBook 13の真のパフォーマンスを知るのはそう遠くないでしょう。 新しいMacBook Airの代わりを探す人たちのためにHuaweiが力を入れた、Windows搭載13インチのフラッグシップラップトップはいい感じに仕上がっています。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ