『FANTASIA ANNIVERSARY LIVE 2019』開催記念 人気作家陣が一問一答 『スレイヤーズ』神坂一&あらいずみるい編

SPICE

2019/1/9 19:00

2019年1月12日に行われる『FANTASIA ANNIVERSARY LIVE 2019』。富士見ファンタジア文庫30周年を記念して行われる本イベントを記念して、人気作品の作家&イラストレーターに同じ質問をぶつけてみた。第三弾は実に18年ぶりに新刊も発売されたライトノベルの金字塔『スレイヤーズ』より作家の神坂一とイラスト担当のあらいずみるい。果たしてなぜ彼らは表現の世界に進んだのか?この作品を生み出したのか?答えから紐解いてみたい。


Q あなたが作家(イラストレーター)を目指したきっかけをお教えください。

神坂:子供の頃から本を読んだりお話を考えたりするのが好きで、小学校の頃には怪談のような話も書いていたようです。昔のノートが出てくるまで、自分ではすっかりそんなことは忘れていましたけれど。

そんなこんなで、作家のようなものになれたらいいな、と、いつの頃からか、目指すというよりも、ぼんやりとあこがれるようになっていました。

デビューのきっかけに関しては後の答えにゆずりますが、目指したきっかけというのは、特に何か大きなわかりやすい転換点というのはありませんでしたねー

あらいずみ:テニス部で練習中に大怪我をしたから。いや、マジで(笑)。大会前だったので、自分の代わりに出場したテニス部の友達が なぜかボクの名前で呼ばれるとゆーアカン展開付きで(ノ∀`)アチャー (選手登録変更間に合わなかったの)

もともと兄が漫画家を目指しつつアニメーターをやっていたので、その背中を追いかけて。 新聞の4コマ漫画でデビューして、その後アニメーターのアルバイトをしながら雑誌で漫画やカットなどを描いていたんですが、 ドラゴンマガジンの創刊号から参加したきっかけで、小説の挿絵も始めた感じですね。 詳しくは【ドラゴンマガジン創刊物語(勉誠出版)著:山中智省】にて!(オイ

Q この作品を生み出した背景を教えてください。

神坂:ある日ふと書店で見かけたドラゴンマガジン第一号。そこに載っていた第一回ファンタジア大賞の募集を目にして「よし! やってみよう!」と決意! 早速執筆ソッコー挫折。(今書いてる話だとちょっとなぁ……けど募集の締め切りはわりと近いし……なら何か別の、書きやすそーな話を……女の子の一人称とかどーだろーか?)そんなかんじの、いーかげんないきさつで生まれ出たのがこの話だったりします。無計画にちょっと書いては会社の行き帰りに先の展開を考える。スレイヤーズ一巻はそんなことの積み重ねでできています。

あらいずみ:神坂先生の原稿から受けたイメージをなるべく少ない線で描くことをテーマにして キャラクタービジュアルを作りました。 読者に似顔絵とかいっぱい描いてもらえたらイイなーとか、 描いたらドラゴンマガジンやアニメ雑誌にハガキ投稿してもらえるようにーとか、 いろいろ戦略を練ってました└(`・ω・´)」シャキーン!!

Q この作品に関してどのように思われていますか?

神坂:むかしからのドラマやマンガなんかの中で、たまに目にするこんな光景。デパートかどこかを訪れたら、頭の上でくす玉が割れて、「おめでとうございます!あなたがちょうど○万人目のお客様です!つきましてはこんな特典を……!」と言われる。たとえるならそんな気分です。

楽しんで書いたつもりではありましたが、何か革新的なものを狙って書いたつもりは特になく。けどふと気がつくとなんだかえらいことになっていました。そんなつもりじゃなかったんです刑事さん。けど、こちらのつもりはともかく、面白かったと言っていただけるのはありがたくもうれしいことです。

あらいずみ:スレイヤーズはとてもエポックメイキングな作品だと思っています。

僕はその作品を世に広める一端を担う立場をいただいたので、リナをはじめとしたキャラクターたちは常に読者目線を集める立場ですが、面白いお話を盛り上げるために挿絵としては控えめに。その反面、イラストとしては目立つように描写しました。

その緩急で、キャラ達の魅力を引き出せたらイイなーと 前だけ向いて描いてきた作品です。 詳しくは【ドrグハッ.∵・(°∀´((☆つ彡`ω´)パーン!!
 (C)神坂一・あらいずみるい/KADOKAWA
(C)神坂一・あらいずみるい/KADOKAWA

Q この作品を制作することでなにか貴方に変化は起こりましたか?

神坂:すげぇ起きましたとも。ええ。デビュー前、サラリーマンをやっていた頃、母親からある時しみじみとした口ぶりで「あんたがサラリーマンになるとは思わんかった」と言われ、(母上? それは子供の教育方法間違っていませんか?)と内心ツッコんだことがありましたが、結局こんなことになりました。

生活も完全夜型に変わったのですが、不健康な生活スタイルの結果最近いろいろあって、今は昼型に戻っています。皆々様も生活は規則正しく健康的にですよ~

あらいずみ:リナ=インバースをはじめとした、キャラクターの魅力の大切さに 作品を通じて たくさん再認識しました。

そして、リナ=インバースが【俺の嫁】になりました(笑)。

Q 自作がアニメになることに関してどう思われましたか?

神坂:今だから言える話ですが、最初期、アニメの話があって立ち消えになる、ということが二度ほどありました。

三度目に担当さんからお話をいただいた時も「そうなんですか!」と表面上は盛り上がりつつも内心(まあ二度あることは……って言うし……)と、どこかさめた部分が。ところが実際そのままアニメ化されたものですから、どのタイミングでちゃんと喜んでいいものか結局掴めず。もちろん、うれしいはうれしかったのですが、ある瞬間にドーンとうれしさが押し寄せてくる、という感じではなかったですね。

何かの受賞で誰かがよく言う「夢のようです」というコメントが、実は「幸せな夢のようにうれしい」という意味ではなく、「正直いまだ現実感がわかない」という意味だと理解した時でもありました。

あらいずみ:モチロン!めっちゃ嬉しかったですよ♪ヽ(・∀・)ノ もともとアニメ現場でのアルバイト以前に自主制作でアニメを作っていたので 自分のキャラが動く楽しさを知っていましたので。

そして、 実はそれもあって、現場のことを考えて線を少なめにキャラデザをしてたんです。エエもうアニメにしてもらうの前提でした(笑)。

でもやっぱり、アニメ的にはそれでも多くて(笑)。現場の悲鳴をよく聞いてたので、実は…劇場版の方は、にゅーデザインがあったのは…秘密です♪(CV:石田彰)

何作目の時だったか、そんなお話になりデザインを描いてたのですが、途中、吉松さん(劇場版キャラデザイン&作画監督)から『やはり現行のデザインのままでガンバります!』との連絡を頂いたことを覚えています。

あ。甲冑とかの線を減らす方向でのデザイン変更。 キャラのビジュアルイメージは変えない前提でのお話でした。ヽ(・∀・)ノ

Q 今回の「FANTASIA ANNIVERSARY LIVE 2019」についてコメントをお願いします。

神坂:アニバーサリーライブご開催、および三十周年おめでとうございます。三十年と言うは易しですが、決して短い時間ではありません。年齢三十ならば、北斗の拳のラオウと同い年。もしくはヤッターマンのトンズラー。ライトノベルの主人公の平均年齢を十五歳前後とするならば実にその倍。

それだけの年月を、読者のみなさんにおーえんいただき続けたということでもあるわけです。これからのますますのご発展とご盛会を祈って、お祝いの言葉とさせていただきます。

あらいずみ:奥井さん林原さんをはじめ、スレイヤーズのキャラクター達にもう欠かせないメンツが 集まってくれた事に感謝しかありません。(*´ω`*)

まだまだ聞いたことがないであろう現場での素敵エピソードなどがトークでたくさん聞けちゃうんじゃないかと、いまから楽しみで仕方ないです♪ そしてキャラ達の『今』に出会えるイベントになりそうですね。

第一弾『冴えない彼女の育てかた』はこちらから!

第二弾『デート・ア・ライブ』はこちらから!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ