「猫と泊まれる旅館」に、猫好きではない私が一泊して見つけてしまったこと


 かわいらしい動物との触れ合いを楽しめるカフェは老若男女に大人気で、とりわけ「猫カフェ」は定番のジャンルだろう。

そんななか、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を中心に話題を集めているのが、神奈川県足柄下郡湯河原町にある「まいきゃっと湯河原店」(以下、まいきゃっと)という旅館である。

旅館に猫カフェが併設されていると聞いた時点で泊まってみたくなる人も出てきそうだが、魅力はそれだけではない。なんとまいきゃっとでは、お気に入りの猫を自分の部屋まで連れて行き、共に朝まで過ごすことが可能。そう、ここは全国的にも珍しい“猫宿”なのだ。

猫好きにとってはたまらない旅館だが、そのシステムや居心地はどうなっているのか。猫カフェに行ったこともなければ、人生でペットを飼ったことすらない筆者が、まいきゃっとに実際に宿泊してみた。

●宿の提供サービスは、猫の貸し出しではなく“里親体験”

まいきゃっとの最寄り駅は、JR東海道本線の真鶴(まなづる)駅。筆者は東京都内のオフィスから向かったが、所要時間は片道2時間弱と、ちょっとした小旅行である。しかし、猫の知識に疎かった筆者にとっては、トイレの片付け方法などをスマートフォンで予習するのにちょうどいい距離だったかもしれない。

真鶴駅は漁港と近く、潮の香りを感じながら10分ほど歩くと、まいきゃっとに到着した。築約30年という木造の旅館は住宅街に溶け込んでおり、レトロな佇まいに親近感が湧く。ドアをくぐり、まずはフロントでチェックインと会計を済ませる。

筆者が今回予約していたのは、2階にある定員5名の和室で、大人1名の宿泊料金は1泊4860円(税込、以下同。繁忙期や特別日は25~100%割り増し)。この部屋は本来2名からの利用が対象なのだが、1人であっても2名分の料金を支払えば泊まることができる。現に今回の筆者がそうだった。

なお、全6部屋の客室があるうち、猫を連れて行けるのは4部屋のみ。また、まいきゃっとは素泊まり専門だが、生もの以外なら飲食物を持ち込んでもOKで、寿司やピザの出前を取ることもできる。宿への道中にはコンビニエンスストアもあるため、それほど不便はないだろう。

続いてスタッフが、肝心の猫に関するレクチャーを始めてくれた。まず、10時から21時まで営業している猫カフェは、まいきゃっとの宿泊者でなくても利用可能で、1時間800円という料金設定(宿泊者は15時以降、500円に割り引き)。18時以降になると、宿泊者はカフェで出会った猫を1匹2000円で自分の部屋に連れて行くことができる。この制度は“トライアル”と呼ばれている。

これはスタッフも強調していたのだが、トライアルとは猫の単純なレンタルではなく、宿泊者の“里親体験”を表す。たとえば、猫がトイレ以外の場所で粗相をしてしまうようなことがあっても、スタッフに頼らず、里親である自分が責任を持って後始末するのが原則だ。そしてエサやりの都合上、猫は翌朝9時までに必ずフロントに返さなければならない。

こういった注意事項に同意し、猫カフェの利用時間を予約した筆者は、しばらく客室で休憩を取ることにした。

●部屋へ連れて行く前に、カフェで猫との相性チェック

廊下には共用の手洗い場があり、2階へと続く階段には、まいきゃっとで暮らす猫たちの写真が何匹分も貼り出されている。猫じゃらしや人形など、猫用おもちゃの貸し出しコーナーも充実していた。

自分の客室に入ってみると、定員5名の空間に筆者一人だけということで、さすがに広々。館内にはWi-Fiが飛んでいるので、筆者のようなライターがノートパソコンで作業をするのにも困らない。

そうこうしているうち、廊下から「猫さんをお連れしました」というスタッフの声が聞こえた。隣の宿泊者の部屋では、これから猫のトライアルが始まるらしい。筆者の淋しい部屋にも、猫がもうすぐ遊びに来てくれるのかと想像すると、期待が膨らむ。

やがて猫カフェを予約していた時間になり、フロントへ。手洗いと消毒をしたのちに案内された和室には、何匹もの猫が待ち受けていた。

畳の上をあちこちうろついている猫、部屋の隅でじっとしている猫、テーブルに乗っかっている猫、おもちゃで遊んでいる猫、仲間とじゃれている猫、ケージの中のハンモックで寝ている猫……四方八方どこを見回しても猫がいて、あまりの情報量の多さに言葉を失う。ひとまず写真を撮ってみるが、いざ目の当たりにすると、猫との接し方というものがサッパリわからない。

ただ、ありがたいことに、どの猫も人懐っこかった。勇気を出し、筆者の膝元にすり寄ってきた猫を抱きかかえてみると、予想よりもずっしりとしていて驚く。程よい重さとぬくもりが両腕に伝わり、筆者の緊張も次第に和らいでいった。

やがてスタッフがカフェ内に入ってきて、どの猫をトライアルするかという相談タイムになった。いくらか慣れてきたとはいえ、元気すぎる猫を相手するのはまだまだ自信がない旨を打ち明けると、「かしわ」と名づけられたマンチカンのオスを推薦してくれた。生後1年に満たないとは思えないほど大柄だが、温厚な性格をしているという。

そのアドバイスを信じ、今回のパートナーはかしわに決定。筆者が猫カフェから部屋へと戻る際、スタッフがかしわをキャリーケースに入れ、一緒に連れて来てくれた。このとき、猫のトイレと水飲み器が備えつけられたケージも部屋の中へと運び込まれる。

●猫は初対面の筆者を受け入れてくれるのか?

トイレの砂は便器に流していいのかなど、不安な点をスタッフに最終確認したのち、いよいよトライアルがスタート。

かしわをキャリーケースから出すと、ゆっくり部屋中を移動し、なぜか窓際へ。その行動パターンは理解できなかったものの、とても絵になっているように感じ、ひたすらカメラのシャッターを切る。

なるほど、猫がいる生活は、確かに楽しいかもしれない。筆者の友人がSNSに飼い猫の写真をアップしていても、正直これまではスルーしていたのだが、こんなにキュートならば、誰かに見せびらかしたくなる心理もわかるというものだ。

その後も水をピチャピチャ飲んだり、ゴロゴロ寝転がったりしているかしわを写真に収めながら、すっかり癒される筆者。ときおり身体を撫でたり、肉球に触れてみたりするも、かしわは筆者のことを警戒せず、リラックスしている。初対面の筆者にこれだけ隙を見せてくれるとは、嬉しい限りだった。

かといって、筆者は決して油断できない。たとえば夜食のときは、かしわが人間の食べ物を誤って口にしてしまわないよう、一時的にケージ内へと隔離した。やはり窮屈なのか、数分たつと鳴き声を上げるようになったので、さっさと食べ終えて構ってやらなくてはという気持ちにさせられる。

また、かしわがトイレに行ったらすぐにスコップで処理してあげないと、自分が出したもので手足を汚してしまう恐れがある。しかしどういうわけか、トイレが目的でなくても、かしわはケージを頻繁に出入りしている。かしわが用を足した場合に筆者がちゃんと察知できるか気が気でなかったのだが、実際には思いのほか“砂かけ”の音が豪快だったため、心配は杞憂に終わった。

夜も深まると、かしわは畳の上でおやすみモードへ。筆者は持参したノートパソコンで仕事を進めようと考えたものの、少し仮眠を挟むつもりで横になった結果、気づくと朝を迎えていた。筆者よりも先に目覚めていたかしわを見て、せっかくなら布団を敷き、かしわと添い寝すればよかったと後悔する。むしろ、それこそが“猫宿”の醍醐味ではなかったのか。

かしわには再びキャリーケースに入ってもらい、フロントへ連れて行くと、最後にスタッフによるヒアリングがあった。一晩の間、かしわには特に異変がなかったことを報告し、トライアルは終了。10時にチェックアウトとなった。

帰り道、撮影した猫たちの写真や動画を電車に揺られながら見返していると、自然と笑みがこぼれてくる。猫にさほど愛着のなかった筆者でさえこうなるのだから、猫好きの人がまいきゃっとに泊まれば、もっと満喫できるだろう。

ちなみに、まいきゃっとは横浜にも猫カフェの専門店があり、そこを訪れた子どもたちから寄せられた「猫と泊まってみたい」という要望が、湯河原での旅館オープンにつながったのだという。賃貸住宅で猫が飼えないというような人にとっても喜ばれるはずだし、まいきゃっとは今後、猫好きにとっての聖地になっていきそうだ。
(文=A4studio)

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ