『めざましテレビ』強風吹き荒ぶ天気中継が話題 「やっぱり綺麗」「美しい…」

しらべぇ

2019/1/9 19:00


9日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、気象情報を担当している阿部華也子に代わり、フジ・堤礼実アナが気象情報と屋外からの中継を担当した。

強風吹き荒ぶ中で中継を担当した堤アナに、多くの反響が寄せられている。

■強風の中、防寒装備でお天気を担当


堤アナは阿部に代わって早朝から屋外の中継を担当。同日、東京では強い北風が吹いており、実際の気温よりも体感温度はかなり寒く感じられる朝となっていた。

堤アナは、ファーの付いたラベンダー色のコートに手袋、マフラーを巻いて登場。中継の間も強い北風が吹き、堤アナは綺麗にセットされた前髪を強風に舞い上げられながら、日中はより北風が強まることなど、丁寧に気象情報を伝えた。

■強風で緊張も吹き飛んだ?


堤アナは放送後に番組公式ツイッターを更新。気象情報を担当するのは2年半ぶり、3回目だったのだそう。生放送ということもあって出演前はかなり緊張していたようだが、強風によって緊張も吹き飛んだようだ。



■「美しい…」視聴者ため息


急遽代打で出演することとなった堤アナ。強風に吹かれながらの中継で彼女の端正な顔立ちが際立ち、視聴者からは「最強に美人」「やっぱり綺麗だ…」など、彼女の美しさにウットリしてしまう視聴者が続出する事態に。









また、さすがプロのアナウンサーとあって、心地よく聞き取りやすい声にも絶賛の声が。

■翌日の天気をチェックしている?


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,336名を対象に「天気予報」について調査したところ、全体で45.4%の人が「翌日の天気は必ず確認してから寝る」と回答した。



専業主婦(夫)と会社員で比較してみると、洗濯物を乾かす都合もある主婦(夫)の人たちのほうが、天気予報を気にしていることが判明した。

突然の出来事だったにも関わらず、見事に役目を果たした堤アナ。今後も彼女の活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→アナウンサーが寿退社を発表すると…味のある「ローカル番組あるある」7選

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ