彼が好きなら使わないで! 別れを招いてしまう7つの危険ワード




男性と女性の感覚って本当に真逆といっていいほど違う部分があります。それはとくに言葉の表現に出やすいもの。あなたにとっては何気ない一言が、彼にとっては一大事件になっているかもしれません。

別れを招いてしまう7つの危険ワード

1. 迷惑だった?

彼に好かれているか心配で、つい「迷惑だった?」などと聞いてしまったことはありませんか。彼と会っている、メッセージのやりとりをしているなら、そもそも彼はあなたのことが好きで時間を使っているのです。迷惑だったかと問われると、楽しかったことまでがマイナス評価になってしまいます。

2. どうせ…



誰でも自分の欠点に意識が向きがち。「どうせ私なんて」という気持ちはあっても当然です。でも、その気持ちは心の中だけに留めておきましょう。言葉に発してしまうと聞いている方はどうフォローしていいのかわからなくなります。「彼女の機嫌取りが面倒、会いたくないな」という彼の気持ちが加速!

3. 何でもいい

遠慮しているつもりで「何でもいい」と答えていませんか。せっかく彼が提案してくれたことに、あなたの意見を伝えないのは残念。計画すること、決めることって案外エネルギーと時間を使います。いつも彼任せにしていると、彼の「デート面倒だな」という感覚が増してくるかも。時には彼女リードで進めましょう。

4. もう知ってる

女性に「俺はすごいんだぞ」とかっこつけたくなるのが男性。彼女に鼻高々と自慢話をしてくることもあるでしょう。そんな時、「もう知ってる」「何回も聞いたよ」などと言いたくなりますよね。でも、そこはぐっと抑えて聞いてあげましょう。たとえ知っていることでも相づちしてくれる彼女なら、彼はますます好きになるからです。

5. 誰だってできる

自分は特別な存在でいたい、能力があると思われたい。男性はいつも他人との差を意識します。そのため、女性から「あなたは特別」という評価をもらえばテンションアップ。反対に、彼が頑張っていることに対し「誰だってできる」「私でもできる」と言ってしまうのはNGです。

6. おもしろくない



いくら大好きな相手でも、つまらない時間ってありますよね。でも、そんな時にダイレクトに「おもしろくない」「ヒマだね」など言葉にするのは危険。彼としては「僕がおもしろくない」と捉えてしまう場合もあるからです。退屈な時間だとしても「次は○○したいね」など提案することがオススメ。

7. ハッキリして

本音や二人の将来のこと。意志をハッキリ聞きたいと思うこともありますよね。時に「どう思ってるの、ハッキリして」と言いたくなります。どうするの、ハッキリして、など彼に責任を問うような言葉を使い続けると彼は逃げたくなってしまうかも。そんな時は「一緒に考えよう」と平等な態度で接して。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ