星野源、松本潤&三浦大知と観たサザンの紅白舞台に「ご褒美みたい」

E-TALENTBANK

2019/1/9 18:10


8日深夜に放送されたニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演した星野源が『第69回紅白歌合戦』への出演について語った。

【写真】星野源、学生服姿で宮沢りえ・水原希子らとコント

番組では、昨年12月31日に放送された『第69回紅白歌合戦』に出演した星野が、番組の最後にサザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』をパフォーマンスしたことについて「あの現場にいて踊りたくならない人はいないのではないかっていうくらい熱気がすごかったんで」と会場の盛り上がりを明かした。

続けて「リハーサルの段階で、『そうだ、舞台上で一緒に観れるんだ』っていうのがわかって」として「すぐそばに潤くんもいたし、左側に三浦大知くんもいたんで」と、以前より親交のある松本潤と三浦大知も近くで観ていたと話し、「友達と一緒にサザンのライブ観に来てるみたい」「4、5メートル先くらいで皆さんがいる中でライブを聴けるっていうのも嬉しかったですし」と心境を覗かせた。

さらに「『紅白歌合戦』に出場できて。しかもNHKホールに来られた人のご褒美みたいな感じっていうか」「音楽のプレゼントみたいな感じがして、すごく楽しかったですね」と振り返った。

サザンオールスターズは『第69回紅白歌合戦』で、『希望の轍』と『勝手にシンドバッド』を歌唱。『勝手にシンドバッド』では、松任谷由実が桑田佳祐の隣でダンスを見せ、大物アーティストの共演が大きな話題となった。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ