三連休 太平洋側で雨 成人式は雨対策を

日直予報士

2019/1/9 16:43

三連休前半、太平洋側で冷たい雨の所が多くなりそうです。12日(土)~13日(日)の午前、日本の南を低気圧が通過します。

●九州から関東にかけ 雨雲が広がる

太平洋側では晴天の続いている所が多いですが、この先は状況が変わりそうです。日本海側の雪の原因となる「冬型の気圧配置」が緩み、その隙をぬうように日本の南を低気圧が通過します。この低気圧や周辺の湿った空気の影響で、12日(土)~13日(日)は、九州から関東にかけて冷たい雨となりそうです。お出かけは、寒さ対策はもちろんのこと、雨への備えも必要になるでしょう。
現時点の予想では、九州では12日の午前中いっぱい広く雨となるでしょう。朝から昼過ぎにかけては四国に雨雲がかかり、中国地方でも山陽を中心ににわか雨の所がありそうです。近畿は昼前から昼過ぎに太平洋側ほど雨が降りやすくなり、東海は夕方から夜にかけて沿岸部を中心に雨が降るでしょう。関東甲信は、12日夜から13日の午前中にかけて傘の必要な所が多くなりそうです。
なお、雨が本降りになる可能性が高いのは「九州南部」です。そのほかの各地は、それほど強く降ることはない見込みです。ただ、成人式に参加する方は、せっかくの晴れ着を濡らすことのないよう、大きめの傘や、着物用のレインコート、草履カバーを用意するなど、雨対策を考えておくと安心です。

●関東甲信 雪の可能性も

関東甲信は、雨の降り始めが気温の下がる夜になってからです。さらに、低気圧が南を通る際に北から寒気を引き込むこともあり、13日の朝にかけて、雪になる所もありそうです。低気圧の進路により、雪の範囲や降り方が左右されますので、今後も情報をご確認ください。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ