貫地谷しほり、長濱ねるが語る“強面俳優”の素顔「ムードメーカーとはこのことか!」

2月6日(水)に放送される長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」(夜9:00-10:00、NHK BSプレミアム)の試写会が行われ、貫地谷しほり、欅坂46長濱ねるが登壇した。

同ドラマは、長崎・島原市を舞台に島原の伝統的な和菓子「かんざらし」の名店を巡って巻き起こる騒動を描く。

島原オールロケで撮影され、長崎のキラキラとした風景がたくさん描かれているという。

主演の貫地谷は「たくさんの(地元の)エキストラの皆さんに参加していただきました。また、地元のドライバーの方が長崎のことを快く説明してくださったり、連れて行ってくださいました。

あとは、スーパーに行って、地元の食材を使って料理を楽しみましたね」と語り、ドラマでも感じられる地元の人の温かさや島原の食材に癒やされた様子。

また、グループ以外でのドラマ出演は初めてとなる長濱は「離れることがすごく寂しくて、ホームシックのような気持ちになって自分でも驚きました」と語る一方で、「ドラマのお話を頂いた時にとても不安があったんですけど、ワークショップに参加させていただくなど、少しずつ演技について勉強させていただくことができました」と影で努力していたことを告白。

長崎出身の長濱は、“地元の人”という役どころで流ちょうな島原ことばも披露しており、そのかわいらしい姿と演技力に注目が集まる。

そして、貫地谷の印象を聞かれた長濱は「初日に撮影終わった後に食事会があったんですけれど、隣に座らせていただいて、たくさん話す機会をいただけました。本当に印象通りの方で、優しくて、気さくで、温かくて、さらに大好きになりました」と語った。

そんな長濱の印象を、貫地谷は「ねるちゃんは本当にかわいくて、撮影が終わった後にお手紙を頂きました。私はこれまでお手紙は子役の方からしか頂いたことがなくて…(笑)。本当にひたむきで、みんながねるちゃんのファンでした」と互いに顔を見合わせ、仲のいい雰囲気をうかがわせた。

■ 貫地谷「この作品が遠藤さんの素顔」

その後、共演した遠藤憲一とのエピソードを聞かれ、貫地谷は「遠藤さんとは何度も共演させていただいて、他の作品も見せていただいているんですけれど、この作品が一番遠藤憲一さんの素に近いのではないかなと思いました(笑)。

AKB48の曲や宇多田ヒカルさんの曲でダンスを踊ってくださったり(笑)。本当に明るくて、その場にいるだけでみんなが笑顔になるし、ムードメーカーとはこのことか!と。

遠藤憲一さんという大きな人柄がこの『かんざらしに恋して』というドラマの空気を作ってくださったと思います」と遠藤の人柄を語った。

ドラマでも遠藤はおちゃめなキャラクターで、その発言と貫地谷のキレの良いツッコミが温かくも笑える内容となっており、絶妙な掛け合いは見どころだ。

一方、長濱は遠藤の印象を「初めてお会いしたんですけれど、こんなに明るくて、優しくて、お父さんみたいな方だなと思いました。一緒に欅坂46の『サイレントマジョリティー』のポーズをして写真を撮ってくださいました」とうれしそうな笑顔を見せた。

さらに、貫地谷は「ねるちゃんは聞かれた? 何か遠藤さんが“プロフェッショナルごっこ”にハマり始めて『あなたにとってプロフェッショナルとは?』ってみんなに聞いていて…なんて答えました?」と現場での遠藤の行動を暴露。

それに対し、長濱は笑いながら「『勉強中です』と答えました(笑)」と“強面俳優”とのほほ笑ましいエピソードを披露した。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175275/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ