「このJKやれますよ」 車いすの女子高生が出会った男たち、実は

grape

2019/1/8 15:17


(C)肥谷圭介/講談社
漫画家の肥谷圭介さんが描く創作漫画『マーダーボール』の第2話をご紹介します。

主人公は、「障がい者」であることに引け目を感じながら日々を過ごしている、車いすの女子高生・海野アサリ。

ひょんなことから、車いすに乗って戦う競技『ウィルチェアーラグビー』と出会います。

『マーダーボール』第1話

アサリは『ウィルチェアーラグビー』を通して、他人と本気でぶつかり合うことの楽しさを知りました。

体育館で倒れ込んだアサリの目の前に現れたのは…。

『マーダーボール』第2話

体育館に現れたのは、チームの代表者を務める女性・大道りん。試合開始のホイッスルが鳴ると、アサリの中に眠っていた才能が覚醒します。

(C)肥谷圭介/講談社

アサリは渾身の力を込めてボールを投げた後、勢いよく倒れ込みます。その顔にパッと浮かんだ嬉しそうな笑顔に、ハッとしたリンは…。

「もう2度とここへは来ません」

楽しそうに戦っていたはずのアサリの口から出たのは、予想だにしなかった強い拒絶の言葉。

アサリは宣言通り、『ウィルチェアーラグビー』を諦めてしまうのでしょうか。続きが気になります。

単行本『マーダーボール』第1・2巻が絶賛発売中!

障がい者スポーツを通して、主人公が成長していく姿を描いた漫画『マーダーボール』。

漫画を読んだ読者からは「カッコいい!」「読まないと損する」といった声が数多く上がっています。

読めば胸が熱くなること間違いなしな1冊です!

[wpap service="with" type="detail" id="4065121027" title="マーダーボール(1) (ヤンマガKCスペシャル)"][wpap service="with" type="detail" id="4065131529" title="マーダーボール(2) (ヤンマガKCスペシャル)"]
[文・構成/grape編集部]
(C)肥谷圭介/講談社

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ