【動画】三浦春馬 主演の舞台『罪と罰』公開フォトコール




1月9日より、Bunkamura シアターコクーンにて上演される舞台『罪と罰』の公開フォトコールが行われました。

本作は「シアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズ」であるDISCOVER WORLD THEATRE の第 5 弾。
今回、演出を担当するのは、気鋭の英国人演出家、フィリップ・ブリーン。2015 年、シアターコクーンプロデュース公演『地獄のオルフェウス』で日本での演出家デビューを華々しく飾り、2017年12月には、テネシー・ウィリアムズの傑作『欲望という名の電車』に挑み、大竹しのぶをはじめとするキャスト陣の熱演を導きだてきた方。そして 3 度目の登場となる今回はロシア文学の傑作長編小説『罪と罰』を取り上げます。戯曲は自身が 2016 年に LAMDA(ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート)に書き下ろしたものをベースに、日本公演のために再構築。哲学的な思索、社会に対する反動的な見地と政治思想、宗教感を織り交ぜながら、当時のロシアでの民衆の生活状況を描きつつ、殺人者の倒錯した精神に入り込んでの心理描写など読み応え満載の原作を舞台作品として蘇らせます。

出演は、“正義”のためなら人を殺す権利があると考え、殺人を犯す主人公の青年ラスコリニコフには『地獄のオルフェウス』以来、2 度目のタッグでブリーンから「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」と絶大な信頼を得ている三浦春馬。前作で意気投合し、もう一度一緒に作品創りがしたいと言っていた、二人の念願の企画となります。そしてラスコリニコフと心を通わせる娼婦ソーニャ役には 3 年ぶり 3 度目の舞台出演となる大島優子。その義理の母親カテリーナに麻実れい、主人公を追いつめる捜査官ポルフィーリに勝村政信。さらに主人公の妹役に南沢奈央、母親役に立石涼子、親友役には松田慎也、そして謎の男スヴィドリガイロフに山路和弘ら文芸大作に挑むにふさわしい豪華実力派キャストが揃いました。豪華キャストたちが織りなす、人間回復への強烈な願望を訴えたヒューマニズム大作。
家庭画報 2019年2月号 (2018年12月28日発売)
Fujisan.co.jpより

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ