イギリス版ビッグダディ 21人の実子を持つ大家族、妻は13歳で第一子妊娠

日本の大家族系テレビ番組で一躍、時の人となった“ビッグダディ”こと林下清志さんのことは多くの人が知るところだが、イギリスには更に子だくさんの家族がいる。この夫婦は夫が18歳、妻が13歳の時に第一子を妊娠したということで多くの人が関心を寄せている。『The Sun』などが伝えた。

今月3日に英テレビ番組で、大家族を題材にした『21 Kids and Counting』が放送された。番組に登場したのはノエル・ラドフォードさん(Noel Radford、48)一家で、彼と妻のスーさん(Sue、43)との間には21人の子供がいるのだ。

一家の子供達は全員が実子だが、『The Sun』によると同番組でスーさんが13歳の時に第一子を妊娠したことが明らかになった。スーさんは当時中学生で、ノエルさんは18歳だった。イギリスでは18歳で成人とみなされ、16歳以上であれば結婚も可能である。

しかしスーさんは当時13歳だったため、2人は結婚することができなかった。スーさんはそれでも愛するノエルさんとの間にできた子を産むことを決意し、14歳で長男クリスさんを出産した。その4年後に2人はめでたく結婚し、第二子の長女ソフィーさんが誕生した。

その後も子宝に恵まれ、現在21人の子供の親となった。実はラドフォードさん夫妻、20人目のアーチー君を最後に子供をつくらないと決めていた。ところが、昨年11月6日に21人目となるボニーちゃんを出産している。

ノエルさんは「私達はもうこの子達に夢中でした。本当に愛しているんです」と話しているが、当然ながら子育てはそう簡単ではないようだ。

現在29歳の長男クリスさんと24歳の長女ソフィーさんは両親と暮らしていないものの、ラドフォードさん宅では毎日、子供達の朝食だけでも8.5リットルのミルクと3リットルのジュース、シリアル3箱をたいらげる。スーさんは毎日9回洗濯機を回し、朝6時半に起床し夜の11時までベッドに入ることができないという。

ノエルさんはパン屋を経営しており、それが軌道に乗っているため政府から支給される子供手当以外の生活保護などは受けずに、自分達の収入で生活を賄っている。2004年には、リビングルームに加え10部屋もある家を24万ポンド(約3,300万円)で購入した。

ところが今回放送された『21 Kids and Counting』の視聴者の興味は、スーさんが13歳の時に第一子を妊娠したことに集まった。なかには「13歳の女の子を妊娠させるのに男は何歳だったわけよ。ちょっと気持ち悪い話だね」「18歳の若者が13歳の女の子を妊娠させたって事実が受け入れられない」といった意見も見受けられる。

それでも30年以上も連れ添う夫婦は21人の子供達に囲まれ、視聴者の声など一蹴するほど幸せそうに見える。ちなみに長女ソフィーさんが3人の子供をもうけたため、ノエルさんとスーさんは孫を持つ幸せなお祖父ちゃんとお祖母ちゃんでもあるのだ。

画像は『The Sun 2019年1月4日付「‘IT’S CREEPY’ Shock as mum of UK’s biggest family fell pregnant at 13 - when partner was 18」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ