キアヌ・リーブスが倫理に反して暴走する神経科学者に 映画『レプリカズ』公開が決定

SPICE

2019/1/9 14:00


キアヌ・リーブス主演の映画『レプリカズ』が5月から公開されることが決定した。

『レプリカズ』は、『ジョン・ウィック』シリーズや『ノック・ノック』のキアヌ・リーブスが主演・製作を務めた映画。ある神経科学者が、事故で失った家族をクローン技術で蘇らせ、研究成果を手に入れようとする政府組織と戦いを繰り広げていく、SFアクション作品だ。

キアヌ・リーブスが演じるのは、倫理的タブーを犯し、暴走する神経科学者=ウィリアム・フォスター。妻役で、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イブが出演。そのほか、『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・オーティスなどがキャスティングされている。製作はキアヌ本人のほか、『トランスフォーマー』『RED』『MEG ザ・モンスター』のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラがなを連ねている。メガホンをとったのは、『デイ・アフター・トゥモロー』で脚本を担当したジェフリー・ナックマノフ監督。

『レプリカズ』は5月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ