仲里依紗、デリヘル舞台の新ドラマに夫・中尾明慶が「凍った」


テレビ東京系新ドラマ24『フルーツ宅配便』(2019年1月11日スタート 毎週金曜 24:12~)の会見が9日、同局で行われ、濱田岳、仲里依紗、荒川良々、白石和彌監督が登場した。

同作はビッグコミックオリジナルで連載中の漫画家・鈴木良雄による同名作品を実写ドラマ化。女性読者からの支持も多く、第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品となった。会社が倒産し、ひょんなことからデリヘル(デリバリー・ヘルス)の店長になってしまった咲田真一(濱田岳)と、デリヘルに努める女性たちの人生を描く。

「ぜひ女性に見て欲しい」と言う仲は、「女性が見て感じることの多い作品。私も子供がいるけど、お母さんをやってる方も出てくるし、そういうのを見て、考えさせられることがたくさんあった」と語る。

夫である中尾明慶の反応について聞かれると、仲は「旦那さんに『デリヘルのお話だよ~』と言って、ちょっと空気が凍った感じがした」と苦笑。「行ったことあるのかないのかわからないんですけど、深くデリヘルのことを話しちゃうと、多分あっち(中尾)が気を使って、言う展開になったら超気まずくなる。そこは遠回しにしました」と明かす。

さらに「昨日も一緒に映像を見て、『ニュースになるから俺の話するなよ~』って言われてここにきたんですよ。でも記者さんから聞かれちゃったから」と笑顔でぶっちゃけ。「彼は多分、行ったことはないと信じています」と語った。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ