胸がチクリとするけど必要…子どもの「しつけ・叱ること」について思うこと【ふるえるとりの育児日記 第2話】

こんにちは。とりです。
今回は我が家のしつけについて描いてみました。

2歳2ヶ月となったむすめ。元気いっぱいなのは良いことなのですが、元気いっぱい力いっぱい母を叩いてくることがあります。
それも突然に。どうやらテンションが高くてじゃれつきたいらしいのですが…普通に痛い。

そんなとき、私は驚きとともに笑ってしまうことが多く、いくら言葉で叱っても「遊んでもらってる」と認識されてしまう模様…。
痛いでしょ!と伝えても私の顔が笑っていたらそれにつられてキャッキャと笑い、また懲りず叩いてくるのです。
このままじゃダメだ、そのうちお友達を叩いてしまう…。意を決して怖い顔を作り、怒っているのが伝わるようにしっかりとダメなことはダメと伝えることにしました。

だめだ、全然きいてない。聞いてないし効いてない。目を逸らして現実逃避をするむすめ。
その様子までも正直面白く感じてしまうのですが、ここで笑ったらまた同じことになってしまう。
きちんと叱らないといけない…。


きちんと顔を見て話を聞きなさい。伝えるとぐっとこらえたあと泣いてしまいました。むすめはまだ何が悪いかもわからずじゃれついていただけなのに…と胸がちくりと痛みます。
でもこの先むすめが誰かとコミュニケーションをとるときに面白半分で人を叩いてしまったりしないように、しっかりと教えなければなりません!

余談ですが、最近は「明らかな失態」をしたときに「ごめんね」と謝れるようになりました。

「ありゃりゃ…ごめんねえ…ごめんねえ~…」と可愛い声ですごく申し訳なさそうに謝られると、全力でフォローしてしまいますね。

2歳に近づいた頃からぐんぐんと「人間」になってきたなと感じます。
いろいろなことがわかるようになってきた様子なので、だめなことはだめと叱る。
それ以上に良かったこともどんどん褒めながら育てていきたいと思いました。
(とり)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ