大島優子、語学留学の成果語る 英語の演出指導「6~7割くらい理解」

テレビファン

2019/1/9 11:15


 舞台「罪と罰」初日前会見が8日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、大島優子、麻実れい、勝村政信が出席した。

本作は、ロシア文学の同名小説を英国人演出家フィリップ・ブリーンが舞台化。帝政ロシアを舞台に、“正義”のためなら人を殺す権利があると考える青年・ラスコーリニコフの罪や心情の変化を描く。

ラスコーリニコフ役の三浦は、人をあやめる役どころに初挑戦。「正義のためとはいえ、一つの命をなくすお芝居は経験したことがなかったので、誠心誠意向き合っていかなければと感じていました。稽古終わりには、このまま自分が消えていくのではないかというような消耗を感じていました」と振り返った。

ラスコーリニコフと心を通わす娼婦、ソーニャを演じる大島は、語学留学後初の舞台出演。フィリップ氏とのやりとりについて「半分くらい、いや、6~7割くらい、本人の口から演出を受けて理解できるようになったことは、自分にとってもいい経験になったと思います」とコメント。役柄については「極貧生活かつ娼婦という生活で傷だらけですけど、自分の体や心を殺しても自分が信じるものがあり、強く前に生きようとする女性。これだけ信じることがあるというのは人間を強くするんだと、演じながら感じました」と話した。

三浦と大島は初共演。互いの印象を聞かれると、三浦は「稽古中、なかなかうまくできず彼女は感極まってしまったことがあり、真っすぐに向き合う方なんだと思いました」。大島は「どうやって進めばいいのだろうと立ち止まっていました。その時に三浦さんが『一緒に頑張ろう。味方だよ』と書いてくれたメモを渡してくれました。三浦さんは、やることがたくさんある中でもみんなのことをしっかり見てくれていたので、頼れるし、信じて千秋楽までやろうと思わせていただきました」と笑顔で話した。

舞台は9日から2月1日まで、東京・Bunkamura シアターコクーンで上演。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ