DJIがスマートフォンなしでドローンを操作できるディスプレイ搭載の『スマート送信機』を発売



DJIは1月8日、ドローンを操作する専用コントローラー『DJIスマート送信機』を『CES 2019』で発表。同社のオンラインストアで販売を開始しました。

従来、DJI製ドローンの操作には専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットが必要で、より高度な操作をするには、スマートフォンを取り付けて使用する『送信機』と呼ばれるコントローラーを使用していました。『DJIスマート送信機』は、5.5インチディスプレイと専用アプリ『DJI GO 4』を内蔵。スマートフォンやタブレットがなくても送信機単体で操作が可能になります。

動画伝送技術“OcuSync 2.0”に対応するドローン『Mavic 2 Zoom』『Mavic 2 Pro』を組み合わせれば、フルHD解像度でドローン映像の表示が可能。Androidベースのダッシュボードは『DJI GO 4』のほか、今後『DJI Pilot』アプリに対応を予定。サードパーティー製の動画編集アプリにも対応します。撮影した映像や写真は“Go Share”機能を利用してスマートフォンに転送できるほか、本体のHDMIポートからH.264またはH.265コーデックの4K/60fps動画を再生可能。映像を『Facebook』や『Instagram』でライブ配信する“SkyTalk”機能にも対応します。

内蔵ストレージ容量は16GBで、最大128GBのmicroSDカードにも対応。バッテリー容量は5000mAh。最大2時間半の連続動作に対応します。『DJI ストア』での販売価格は8万3700円(税込み)。

DJI Smart Controller – Designed to maximize your outdoor flying experience – DJI

https://www.dji.com/jp/smart-controller

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ