英サッカー界の「レジェンド」が泥酔&悪態で逮捕。罰金2700円って…

女子SPA!

2019/1/9 08:44



サッカーワールドカップ(W杯)の代表選手として活躍した「イングランドのレジェンド」ウェイン・ルーニー(33)がアメリカで逮捕された。

D.C. ユナイテッドに所属するルーニーは、泥酔し暴言を吐くなどした疑いで、昨年12月16日にバージニア州の空港で警察に拘留されたが、罰金などを支払った上で保釈されたようだ。

裁判所の文書によれば、ルーニーの逮捕理由は「公共の場での悪態ならびに酩酊(めいてい)」。バージニア州の州法では、こうした行為は軽犯罪に相当するという。

地元当局によると、ルーニーは、25ドル(約2700円)の罰金のほか、91ドル(約9800円)の手続費用を求められ、1月4日に支払ったとされている。そのほか、最高250ドル(約2万7000円)の罰金刑を科されるクラス4の軽犯罪の罪に問われている。

ルーニーは、サウジアラビアのリヤドで行われたF1の観戦からアメリカに戻ってきた際に、ダレス国際空港で逮捕されたと見られている。

ルーニーのスポークスマンは、ルーニーは飛行機の中で睡眠薬を服用すると同時にアルコールを摂取し、酩酊状態となっていたことを明らかにしている。

これを受け、所属チームであるメジャーリーグサッカーのD.C. ユナイテッドは、次のようなコメントを出している。

「ウェイン・ルーニーが12月に逮捕されたという報道がされていることは認識しています。メディアがこの件に関して興味を持つのは理解しますが、ウェインにとって個人的なことでありますので、D.C. ユナイテッドは内部で取り組む予定です。この件に関して今後のコメントは控えさせていただきます」

ルーニーは2017年9月にも、イングランドのチェシャーで飲酒運転していたところを警察によって発見され、2年間の免停処分にあっていた。

当時、その罪を認め、次のようにコメントを出していた。

「人とは時に過ちを犯すものです。僕はそれを正直に認めます。過ちを犯してしまったんです。自分が馬鹿な過ちを犯したことにすぐに気づきましたが、前進していかなければなりません。僕には子供もいますし、こんなことを見せるのは子供にとっても決して良くありませんので、このことを教訓に前進していくつもりです」

ルーニーは、サッカーイングランド代表の主力として、2006年~2014年までワールドカップに出場。2014年から2016年までは主将をつとめ、2017年に代表引退を発表した。また、イングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッド(マンU)でも主将をつとめ、歴代最も多くのゴールを挙げるなどの実績を残した。

サッカー史上最高の選手の1人といわれるリオネル・メッシも、「1世代に1人しか生まれないような選手」と称賛するほどの名プレーヤーであるルーニー。子供のためにも、今後はくれぐれもお酒の飲み方に注意し、再びサッカーの話題で世間を驚かせてほしいものだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ