「言葉遣いを直したい」高橋真麻の今年の抱負は1年半前と同じだった

アサジョ

2019/1/9 07:15


 フリーアナウンサーの高橋真麻が1月7日、ブログを更新。新婚旅行から帰国したことを報告し、今年の目標を明かしたが、それがちょっとおマヌケだった。

真麻といえば、昨年12月24日のブログで一般男性と入籍したことを報告。年末年始にはメキシコとアメリカに新婚旅行へ。7日のブログでは「長いお休みありがとうございました。帰国致しました」と報告し、「この10日間の感想は…毎日すっぴんで過ごせて楽でした」とリラックスできたようだ。

続けて「あとは今年は、もう少し綺麗な言葉遣いをしようと思いました。アナウンサー時代に比べ、日々の言葉遣いが乱れてきたと反省しておりまして」と、新婚気分に浮かれることなく、今年の目標を綴るあたりは、さすが、フジテレビの元局アナだ。

「ところが、過去にも同じようなことを公言していました。わずか1年半前の2015年7月21日のブログで、体の引き締めとともに、言葉遣いの乱れを意識的に直したいと目標を語っていたのです」(芸能記者)

そのブログを振り返ってみると、「最近言葉遣いも少し乱れてきたので、そちらも意識したいと思います」と、文面もそっくり。そして「そうなんですか?⇒そうなの~?」「ひどいです⇒ひどい~」「凄くきれいですね!⇒凄い~~」「とても美味しいお味です⇒美味し~」と具体例も示すなど、高橋のやる気も感じられたのだが……。

いつかストレートニュース(原稿を読み上げるニュース報道)をまた読みたいと語っていた高橋だが、今年はちょっと難しいかも。

(石田英明)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ