永野芽郁の華麗な“飛び蹴り”に視聴者「拍手した!」 『3年A組』初回

 ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の初回が6日に放送され、ヒロインを演じる女優の永野芽郁が放った“飛び蹴り”に視聴者から「見事」「素直に拍手した!」といった反響が寄せられた。

【写真】永野芽郁が“飛び蹴り”を放った『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第1話フォトギャラリー

卒業式まで残り10日となった魁皇高校の3年A組。生徒たちに担任の柊(菅田将暉)は「今から皆さんには、人質になってもらいます」と宣告。柊は生徒たちに、数ヵ月前にクラスメートで、有望な競泳選手だった景山澪奈(上白石萌歌)が自殺した理由を夜8時までに導き出すことを要求し、その回答者に学級委員の茅野さくら(永野)を指名する。

視聴者の間で話題となったのは、生前の澪奈にドーピングの噂が立てられ、クラスメイトが無視をし始めたことが明らかとなったシーン。なおもクラスメイトたちが「卑怯な真似して1位になろうとした澪奈としゃべりたくなかっただけ」「薬使うようなヤツと仲良くなれねーよな」と、ひどい言葉を投げかけ、さらに甲斐隼人(片寄涼太)が「あんな奴、死んで当然だったんだよ」とまで言ってしまう。

ここで、それまで大人しかったさくらが目に涙をため、「ふざけんな…ふざけんじゃねえ!」と立ち上がると、隼人に向かって突進。飛び蹴りを浴びせたのだった。その蹴り技は、プロレス好きのさくらが、かつて澪奈と大盛り上がりで話していた実在のプロレスラー中邑真輔の必殺技「ボマイェ」そのものだった。

倒れ込んで、あ然とする隼人、あっけにとられたクラスメイトの前で、さくらは「あんたたちに何が分かんの!?」と絶叫し、澪奈を救えなかった自分自身の責任を涙ながらに訴えたのだった。

視聴者からは「永野芽郁の飛び蹴りはびびる」「飛び膝蹴りお見事すぎてブチ切れ見事すぎて素直に拍手した!!」「見事な飛び膝蹴りを、魅せてくれた!」「飛び蹴り最高!」「めっちゃスカッとしたわ笑笑」といったコメントが寄せられていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ