Bluetooth5.0仕様で防水性も高い。4時間連続で着用しても疲れない、高コスパなワイヤレスイヤホン「PaMu Scroll」レビュー【今日のライフハックツール】


続々と登場する完全ワイヤレスイヤホン。その進化のスピードは目覚ましいものがあります。シチュエーションによって使い分けをする人も増えているのではないでしょうか。

私の場合、家の中でよりシームレスに使えそうという理由から、Bluetooth5.0仕様で防水性能もある『PaMu Scroll』を購入しました。

実際に使ってみた感想を一言でいうと、1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンとしてかなり満足いくものでした。機能の紹介と一緒に、その理由をレビューしたいと思います。

ケースはレザー素材で目を引くデザイン

PaMuScroll-13
Image: Indiegogo

まず印象的なのが、レザー素材でできた円筒状のケースです。私が選んだのは「Glory Edition」というタイプですが、これに加えて「Graphene」「Rock'n'Roll」「Sakura」と、4種類のデザインが用意されています。

フィット感が自然で長時間着用しても疲れない

PaMuScroll-2-1
Photo: 山田洋路

イヤホン本体が小さめかつ軽め(重量5g)なのとイヤーチップのソフトな素材が功をなし、装着感は極めて自然。軽くひねりながらはめこむことで、耳にスッポリとフィットしました。

走ってみても、耳から落ちない

PaMuScroll-3
Photo: 山田洋路

これまで、ワイヤレスイヤホンの数少ない弱点の1つは、"長時間の使用で耳が疲れること"だと思い込んでいましたが、『PaMu Scroll』は4時間以上連続で着用しても耳への違和感はなく、軽く走ってみたところ、耳から落ちそうになることもありませんでした。

ただ、遮音性が高めなので安全性を考えると、音楽をガンガンかけながら夜間のランニングに使うには不向きかもしれません。

音質も耳に優しい

PaMuScroll-4
Photo: 山田洋路

Indiegogoのページでは重低音を推している本製品ですが、実際聴いてみると音の柔らかさと奥行きが際立っていて、この音質も耳への負担軽減につながっているなと感じました。

Bluetooth5.0搭載で音声の向上。母艦から20m離れてもクリア

PaMuScroll-5
Photo: 山田洋路

次世代AirPodsへの搭載も予想される規格、Bluetooth5.0についてですが、最近は搭載イヤホンが多く出てきています。Bluetooth4.2との大きな違いは、通信速度と距離の大幅な向上

これまでは街の雑踏の中などでワイヤレスイヤホンを使用すると、音声がブチブチ途切れて聴こえるのがストレスでしたが、本製品では、それが減少しました。
PaMuScroll-14
Image: Indiegogo

また、マンション2階の部屋にスマホを置いて、音が途切れるまで歩いてみると、直線距離にして約20mほど離れたところまで音がクリアに聴こえました。

これならよほど広い家でない限り、本体を置いたまま家中動きまわれます。また、小型のスポーツジムであれば、ロッカーに荷物を置いてトレーニングにはげめるのではないでしょうか。
Push
Padmate Pamu Scroll ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IPX6 防水 耐汗 ぴったりフィット スポーツヘッドセット タッチコントロール 自動ペアリング マイク内蔵 充電ケース付き ブラック
Padmate Pamu Scroll ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IPX6 防水 耐汗 ぴったりフィット スポーツヘッドセット タッチコントロール 自動ペアリング マイク内蔵 充電ケース付き ブラック
22,606円

IPX6の防水性能

PaMuScroll-7
Photo: 山田洋路

防水性能ですが、『PaMu Scroll』は防水規格であらゆる方向からの強い噴水流に耐えるという、IPX6を有しています。私には、帰り道で聴いていたPodcastを、そのまま家に着いてシャワーを浴びるときも聴きたいという思惑がありました。

実際試してみたところ、シャワーがあたってもイヤホンは問題なく動作しました。ただ、イヤホンのタッチパネル部分に水流が触れる加減により、何度か音声が止まってしまい、そのたびにタッチしてポーズを解除しなければなりませんでした。

また、水流でイヤホンが落ちないか気になったので、心置きなく洗髪したいならシャワースピーカーに軍配が上がりそうです。

オートペアリングでケースから取り出せばすぐに接続

PaMuScroll-8
Photo: 山田洋路

オートペアリング機能もイヤホンをストレスなく使うための重要なポイントです。『PaMu Scroll』では、タッチパネルの長押しで電源をONにする必要がなく、装着するとピロリンという音とともにペアリングが完了しています。

正確には、AirPodsのように耳への着脱を検知するわけでなく、ケースへの着脱で電源のON/OFFを切り替えているのですが、iPhoneのスピーカーから流れていた音楽は、イヤホンをケースから取り出すと即座に出力元が切り替わりました。

タッチコントロールによるSiriの呼び出しが便利

PaMuScroll-12
Image: Indiegogo

通話に関しては、問題なくマイクから声を拾いました。操作はイヤホン本体へのタッチで行い、1回のタッチで再生/ポーズ/通話。2回連続タッチでSiriのアクティベート/通話終了となっています。

Siriの呼び出しに「Hey、Siri」が省けるのも意外に便利で、人目を気にせず音声によるボリューム調整ができました。

ケースで3回フル充電。ワイヤレス充電も可能

PaMuScroll-9
Photo: 山田洋路

イヤホンは約3.5時間の連続再生ができ、ケースで3回分のフル充電が可能。ケースのバッテリー残量は側面のランプ点灯個数(1~4個)で一目でわかります。ケースはマイクロUSBケーブルで充電しますが、オプションの専用パットを取り付ければワイヤレス充電も可能になります。

『PaMu Scroll』は、Indiegogoで現在46%オフの79ドル(約8700円)から購入が可能(2019年1月7日時点)。送料は無料です。なお、ワイヤレス充電用のパッドは10ドル(約1100円)となっています。
Push
Padmate Pamu Scroll ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IPX6 防水 耐汗 ぴったりフィット スポーツヘッドセット タッチコントロール 自動ペアリング マイク内蔵 充電ケース付き ブラック
Padmate Pamu Scroll ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IPX6 防水 耐汗 ぴったりフィット スポーツヘッドセット タッチコントロール 自動ペアリング マイク内蔵 充電ケース付き ブラック
22,606円


あわせて読みたい

Photo: 山田洋路

Image: Indiegogo

Source: Indiegogo

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ