ザハ・ハディド・アーキテクツの次なる舞台は「都市開発」

TABILABO

2019/1/9 06:00


世界中のいたるところで建設が進められているスマートシティ。「World Topics」で取り上げたなかでは、フィンランドの図書館「Oodi」が一番わかりやすいかもしれませんね(記事はコチラ)。多くの人の暮らしをよりよいものにするために、ひとつの施設なのにたくさんのことができるんですよね。

ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアでも、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利したのは「ザハ・ハディド・アーキテクツ」。

完成予想図を見ると、「なんだこれ!」と思ってしまうようなデザイン。でも、試しに住んでみたい……。住居はもちろんのこと、学校や病院、交通機関、ショッピングエリアも併設予定。ここにいれば、移動をしなくてもすべて完結してしまうんです。

まずは地下鉄の工事が2020年から始まるといいます。

2016年にこの世を去った女性の意志を受け継ぐ建築事務所。彼らによる都市開発は、要チェックです。

Render by Flying Architecture

Render by Flying Architecture

Render by Flying Architecture

Render by VA

Top image: (C) 2018 Zaha Hadid Architects

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ