岡田結実、遠藤憲一からの言葉に「すごい焦りました」


タレントで女優の岡田結実が7日、東京・六本木のテレビ朝日本社で行われた同局系ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(11日スタート、毎週金曜23:15~ ※一部地域除く)の制作発表発表会見に出席し、撮影の裏話を明かした。

同ドラマは、 岡田演じる新人AD・一ノ瀬ひかりの前に、彼女だけ見える自称「妖精」のおじさん(遠藤憲一)が現れるというストーリー。岡田は「こんなに演技をしていて1人じゃないという感覚は初めてです。今回はおじさんがいてくれるから、2人でつくり上げているという感覚があります」と明かす一方で、遠藤は「(岡田以外の)みんなに振っても、反応がないからとても孤独です」と漏らした。

そして遠藤は「現代もののドラマでは、ありえなさそうだけど、ありえそうに演じることが好きです。でも、今回はまったくありえない役になってしまいました(笑)。いつもはモデルやイメージをつくりますが、今回はしていません」と役作りについて語り、「この強面の顔でスーツを着て出てきますので、油断するとヤクザか刑事のようにになってしまい、難しいです」と笑顔。さらに、他の出演者が色とりどりの晴れ着のなか、自身は黒の袴姿であることに「今日は襲名披露かと。俺も色着いたものを着たかった」と苦笑いを浮かべていた。

さらに、岡田との共演については、「結実ちゃんはすごいテンションが高いの。『疲れたときはどうしたら元気になるの?』と聞いたら、『テンション高い人といると元気になります』と言ってました。普段の俺はテンションが低いのですが、(城田)優くんを筆頭に周りのみんながテンション高いので、助けられました」と語った。

これに対して岡田が「すごく遠藤さんは合わせてくださっているなと伝わります。居酒屋のシーンで『やっと慣れてきたよ』と言われて申し訳ないな、もうちょっと静かにしなきゃなと思いました(笑)。それまではちょっと苦手だったのかなとすごい焦りました」と言うと、遠藤は「苦手じゃない! 苦手じゃないけど、テンション高いなってビックリしただけ(笑)」と弁明。

青木さやかも「結実ちゃんはずっとしゃべっています。遠藤さんの気持ちがよくわかります(笑)」と明かす一方で、「結実ちゃんはキャストはもちろん、スタッフのみなさんの名前も全部覚えています。本当にこの子、年齢詐称していないかしらと思うくらいしっかりしています」と褒めていた。

また、岡田は「仕事が終わった金曜日の夜に、少し笑っていただけたらと頑張っています。みなさんに色んなものを届けられる作品だと思っていますので、ぜひ見ていただけたらと思っています」とドラマをPRした。

会見にはこのほか、城田優、田辺誠一、小手伸也、戸塚純貴が出席。そして、サプライズゲストとして“コツメカワウソの妖精”ちぃたん☆も登場した。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ