岡田結実が着物姿で主演ドラマをPR「後悔させないので見てほしい」

1月11日(金)から放送のドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の制作発表記者会見が都内で行われ、主演の岡田結実をはじめ、城田優、小手伸也、戸塚純貴、田辺誠一、青木さやか、遠藤憲一らメインキャストが登壇した。

同作は、ポンコツ新人ADの一ノ瀬ひかり(岡田)が、ある日突然現れた妖精を名乗るおじさん(遠藤)から、毒のある応援を受けながら過酷な仕事に取り組んでいく“お仕事コメディー”。

キャスト陣は、正月らしくあでやかな着物姿で登場。最初のあいさつでは、白いはかま姿の城田が「私の披露宴へようこそ!といった格好ですけども」と冗談を飛ばし、場を和ませた。

■ 遠藤憲一は孤独な役?

撮影の様子について、岡田は「現場ではずっと笑っています。これまでは演技をしている時は一人で戦っているというイメージだったのですが、今回は遠藤憲一さん演じるおじさんに支えてもらっていて、とても心強いです」と、パートナーとも言える遠藤という存在が大きいことを語った。

そんな、岡田演じるひかりにしか見えない“妖精”という役どころの遠藤は「みんなに反応してもらえないので、孤独な役です」と明かす。

青木が「遠藤さんをいないものだと思いながら演じなければいけないので、とても難しい」と語ると、城田は「遠藤さんが自由にアドリブを入れてくるので、笑うのを我慢するのが大変なんです。5回くらいNGを出したシーンもあります」と、誰からも反応がないが故に、アドリブを入れてくる遠藤との撮影の裏側を明かした。

さらに「遠藤さんの笑いの演技が、周りの笑いを誘っちゃうほどの演技なのでそこは必見です」と、岡田も遠藤のテンションの高い演技を絶賛。

遠藤は「普段はテンションが低いので、(岡田)結実ちゃんや周りのみんながテンション高くて助かっています」と語り、撮影現場でのチームワークの良さを感じさせた。

新人AD役を演じるにあたり、実際にADの仕事体験をしたという岡田は「普段バラエティー番組に出演させていただくことが多いので、いろんな人が番組に関わっているんだなと思うと本当に感謝です」と、身をもって体感した仕事の大変さから感謝。

同じく若手ADの九条隼人を演じた戸塚も「普段は出演する側の僕らが、裏側で頑張る人たちのことを日々勉強しながら撮影に臨んでいます」と語った。

■ ちぃたん☆が登場

キャスト陣が2019年の抱負を書き初めで披露する場面では、岡田が「一長一短」、城田が「初心勿忘」と、それぞれ筆を進める中、「勝負の年」と達筆な字を披露した小手は「2018年はさまざまなドラマに出演させていただいて、世間では“シンデレラおじさん”なんて呼んでいただいていますが、2019年はもっと有名になれるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

そして、かわいらしいイラストの書き初めを披露した田辺は「これは“みんな楽しく”って読みます」と会場の笑いを誘った。

会見の終盤には、スペシャルゲストにゆるキャラ「ちぃたん☆」が登場し、キャスト陣がチームに分かれ巨大けん玉を使用したゲームで対決。

勝利チームの岡田からドラマの中の番組に出演することをお願いされたちぃたん☆は、快く承諾しドラマ出演が決定した。最後に岡田が「金曜の夜にこのドラマを見て、少しでも多くの人に笑いを届けられるよう、そして月曜日の仕事や学校に向かう人の活力になるように頑張って演じています。後悔はさせないので、ぜひご覧ください」と意気込みを語り、会見を締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175042/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ