2700のツネ、芸人の給料より多い副業収入告白

お笑いコンビ・2700のツネ(36歳)が、1月7日に放送されたバラエティ番組「芸人報道1時間SP」(日本テレビ系)に出演。現在の月収を明かした。

「右ひじ左ひじ交互に見て」のリズムネタでブレイクした2011年頃、年間300本ものテレビ番組に出演していたというツネだが、好調は長くは続かず、数年で仕事は激減。現在、どのような生活をしているのかは気になるところだが、実は副業の収入により安定した生活をしているという。

その副業とは、東京・青山にある不動産会社でのお仕事。賃貸物件の仲介業をしており、これまでにNON STYLEの井上裕介、おばたのお兄さんらとの契約をまとめるなど、お客さんは芸人が多いそうだ。

この副業を始めたきっかけについて、ツネは「いま14万8000円の家に住んでるんですけど、芸人としての給料がマジで20万円ないくらいなんで、さすがに家族も5人(子ども3人)いてやっていけないんで」という経済状況だった1年ほど前に、知り合いの社長から紹介されたと説明。現在、副業の月収は30万円あることを明かした。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ