深田恭子、苦労人実業家との”真剣交際“報道をきっぱり否定! 相手の経歴が「ヤバイ!」とファン騒然…… 

日刊サイゾー

2019/1/9 01:00


 女優の深田恭子が、5歳年上の不動産起業家でシーラホールディングスの杉本宏之会長と真剣交際しているとサンケイスポーツが報じ、話題となっている。

杉本氏は、24歳の時に株式会社エスグランドコーポレーションを設立。その4年後に、不動産業界史上、最短・最年少で株式上場を果たしたという人物だ。

2008年のリーマンショックにより、400億円もの負債を抱えたことで先の会社は倒産するも、10年には新たに「株式会社SYホールディングス」(現在のシーラホールディングス)を設立。現在はシーラホールディングスの取締役会長を務め、グループ企業7社で不動産ビジネスを展開。売上高200億円を超えるまでに成長している。

記事によると、2人は友人の紹介で知り合い、正月には双方の親族へあいさつに訪れで、結婚も視野に入れているよう。記事のタイトルには“真剣交際”との文字が書かれている。

しかし、サンスポが深田の所属事務所に交際について質問を送ったところ、「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」とキッパリと交際を否定。この食い違いに、違和感を持った人たちがたくさんいたようだ。

「事務所側は否定しているのに『真剣交際』とうたうサンスポに違和感を持った人が続出。ネットニュース記事のコメント欄には、『一回食事しただけで、「双方の親にも紹介」って書かれてかわいそうじゃん』『見出しに悪意を感じるわ。深キョンもいい年だし、本当に付き合ってるなら認めるはずでしょ!?』といった指摘が次々に上がっていました。また、深田さんも30代後半ですからね。『誰が誰と付き合おうといいじゃない』『本人が発信してるわけでもないなら、ニュースにしないでほしい』といった、交際を騒がれて気の毒との声も上がってましたね」(芸能ライター)

交際していないと否定しているにもかかわらず、真剣交際と書きたてられてしまった深田。同情コメントが多くなるもの仕方ないが、ネットでは杉本氏の経歴やプライベートに関して「ヤバイ!」という声も上がっているようで、

「杉本氏は、幼い頃は貧乏だった上、早くに母親を亡くし、父親から刃物で刺されるという出来事があったなど、壮絶な人生を送っている人物だとウィキぺディアには書かれており、交際報道直後は『苦労人で泣ける』『苦労している経営者となら剛力とは違うから大丈夫』なんていわれてました。しかし、その後、杉本氏の親友がホリエモンこと堀江貴文氏や、ZOZOTOWNの前澤友作社長といった名だたる人物ばかりだと発覚。さらに、離婚歴があり、元嫁との間には子どももいるということがわかり、ネットは騒然。『この人と結婚したら好感度下がりそう』『この人はやばいって! 深キョン~!』と不安視する声が続々と上がっていました」(同)

深キョンも36歳。いつ結婚してもおかしくはない年となり、ファンからも「早く幸せになってほしい」といった声がたびたび聞こえてくることもあるが……。彼女の春は、まだまだ先になりそうだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ