ふにゃっと折りたためるスマホ「FlexPai」が面白い


世界最大級の家電関連見本市「CES 2019」の外部イベントとして毎年開催されるDigital Experience!では、CESに出展していないメーカーも含めて、大小さまざまなブースで製品が展示されています。

今回のDigital Experience!に出展されていた製品の中で、とりわけ面白く、注目を集めていたのが、中国Royoleの折りたたみ型スマートフォン(?)の「FlexPai」です。

Royole自身は「スマートフォン+タブレット」として位置付けているデバイスで、開いた状態でのディスプレイはアスペクト比4:3の7.8インチ有機ELディスプレイを採用しています。解像度は1,820×1,440ドット、308ppiというスペックです。

フレキシブルAMOLEDを採用したことで、中央から折りたたみ、スマートフォンライクなサイズに変形するのが特徴です。スマートフォンと言うには厚く、幅も広いのですが、十分手のひらで握れるサイズになります。

面白いのは、折りたたんだ状態の表と裏で画面のアスペクト比が異なる点です。タブレット状態も含めて3種類のアスペクト比となっているわけです。カメラがあるディスプレイフレームの太い側は18:9、カメラがないフレームの細い側は16:9になっています。表示するコンテンツによって裏表を使い分けるという使い方もできます。

折りたたんだ山の部分はエッジスクリーンとして動作し、アプリケーションランチャーや電話着信時の発信者やメールの通知などを表示する、といった機能を搭載します。この部分の解像度は21:6、1,440×390になっています。

OSはAndroid 9.0をベースとした「Water OS」を搭載しています。ホーム画面は折りたたんだり開いたりすると、各画面にあわせて最適な表示になりますし、標準のカレンダーアプリなども、開いたり折りたたみしたりすると、それに追従してUIが変化します。

SoCに最新のQualcomm Snapdragon 855を搭載している点も特徴で、パフォーマンスの高さが期待できそうです。カメラは16MPと20MPのデュアルカメラ、FDD、TDDの両LTEに対応し、デュアルSIMとなっています。バッテリ容量は3,800mAh。本体サイズは134×W190.3×H134×D7.6mm、重さは320g。

中国では一般消費者向けに市販します。一方の米国では開発者向けに販売を実施。6GBメモリ/128GBストレージモデルを1,318ドル、8GBメモリ/256GBストレージモデルを1,469ドルで販売中です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ