「2019ヒット予測」モデル部門 横田真悠・小坂菜緒(けやき坂46)・ゆきぽよ…世代別に発表【モデルプレス独自調査】

モデルプレス

2019/1/7 17:00

【2019ヒット予測/モデルプレス=1月7日】毎年恒例、女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」による「モデルプレスヒット予測」。4年目を迎える今回は選考基準のリニューアルを行い、事前に自社SNSをベースに読者アンケートを実施。さらにモデルプレス編集部の目利きによる審査、2018年のモデルプレス内での記事露出回数などを加味し、【俳優部門】【女優部門】に続き【モデル部門】を決定。世代別に選出した12組を発表する。

◆【2019年ヒット予測】モデル部門選出基準



【1】読者アンケート「あなたが来年ブレイクすると思うモデルは?」の結果(調査期間:2018年11月7日~20日)

【2】モデルプレス編集部30人の目利きによる審査

【3】2018年のモデルプレス内での記事露出回数

これらを総合的に加味し、世代別に3人(組)ずつ選出した。

◆【2019年ヒット予測】モデル部門 総評



モデルの表現が多様化しているいま、抜きんでた支持を獲得してブレイクするのは、雑誌の専属モデルやランウェイでの活躍はもちろん、様々なメディアに露出し、各世代のファッション、ライフスタイル、生き方のお手本になりうる人物。

ファッションアイコンとして圧倒的に支持されながら女優業への進出もめざましい横田真悠モトーラ世理奈、けやき坂46としても活躍する小坂菜緒、海外のコレクションで際立つ個性を放ち世界から注目されるAMIAYAらがその筆頭となっていくだろう。

また、昨年ギャルブームの再燃でスポットを浴び、TV番組での露出も増えている「egg」モデル伊藤桃々、強烈な個性でバラエティの常連となりつつあるゆきぽよなど、ますますお茶の間に浸透していきそうなギャルモデルたちにも注目。強いキャラクターで活躍の場を広げそうな人物としては、カップルで人気の「テラハ」出身・島袋聖南も欠かせない。

「non-no」専属モデル加入で王道ブレイク路線を走る多屋来夢、6誌の雑誌を横断して活躍する宮田聡子はステップアップを迎えている真っ只中で、女性ファンを拡大していくこと必至。また、SNSでのライフスタイルの発信が親近感へと繋がり、生き方そのものが支持されている辻元舞神山まりあ西山茉希はフォロワーを着実に増やし続けており、ママモデルとして不動の人気を確立していきそうだ。

◆【10代】横田真悠(よこた・まゆう)


親近感と憧れが同居するSNS時代のティーンのカリスマ
<選出理由>
若手女優の登竜門「Seventeen」で、モデル業のみでトップクラスの人気に上り詰めた実力者。ベビーフェイスのビジュアル、SNSやイベントでファンとの密な交流を大事にする“親近感”と168cmのスタイル、ファッションセンスの高さから生まれる“憧れ”が絶妙に同居しているのが魅力。2018年はその人気があらゆる面に派生し、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に“ティーンのカリスマ”として紹介されるなど、勢いが目に見えるものに。2019年は女優・タレントと幅広い活躍を期待したい。

<プロフィール>
1999年6月30日生まれ、東京都出身の19歳。地元でソフトボール部の遠征帰りにスカウトを受け、芸能界入り。「ミスセブンティーン2014」グランプリに選ばれ、2014年10月より専属モデルとして加入。2018年には表紙を6回飾るなど、同誌を代表するモデルとして絶大な人気を誇っているほか、映画「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」で女優業にも進出を果たした。

◆【10代】小坂菜緒(こさか・なお)


けやき坂46の“最強美女”は同性支持拡大必至
<選出理由>
けやき坂46次世代エースの“最強美女”は2018年、雑誌「Seventeen」専属モデルに抜擢され、個人活動も活発だった。「東京ガールズコレクション」「GirlsAward」などのファッションショーではすでに常連となり、女性支持もしっかりキャッチ。グループとしては2018年、1stアルバム『走り出す瞬間』を発売後、全速力で駆け上がってきた。さらに飛躍の年となるであろう2019年、“けやき坂46の顔”小坂への注目が集まるのは必至だ。

<プロフィール>
2002年9月7日生まれ、大阪府出身の16歳。2017年8月に2期生としてけやき坂46に加入。正式メンバーとして登場する前にアーティスト写真が解禁されると「可愛すぎる」と大きな話題を呼んだ。2期生のパフォーマンスでは多数センターを担い、圧倒的な表現力で見る者を魅了。また、その美貌を武器に2018年7月号から「Seventeen」専属モデルとして活動中。

◆【10代】伊藤桃々(いとう・もも)


次に来るギャルモデル ピュアな恋愛も共感と注目の的
<選出理由>
“ギャル=小麦色の肌”という概念を覆した代表格、「egg」モデルの伊藤桃々。コーディネートメイクは甘めな雰囲気で、“白ギャル”という新たなギャル像を確立。恋愛リアリティーショー「太陽とオオカミくんには騙されない」(AbemaTV)に出演すると、ピュアな恋愛観が共感を呼び、飾らない性格で人気に拍車をかけた。2018年はイマドキギャルの代表としてバラエティ番組への露出も増加。2019年はファッションイベントへの出演も控えており、新たなギャルのファッションアイコンとして、さらに注目を浴びそうだ。

<プロフィール>
2000年12月16日生まれ、静岡県出身。18歳の高校3年生。雑誌「egg」のギャルモデルとして活躍。「TikTok」でもフォロワー数37万人超と抜群の人気を誇る、次世代ギャルの代表格。恋愛リアリティーショー「太陽とオオカミくんには騙されない」出演で話題を呼び、2018年11月発売の雑誌「ヤングアニマル」22号で初グラビアに挑戦。2019年は、ファッションイベント「KANSAI COLLECTION 2019 SPRING & SUMMER」、「SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION」への出演も決定している。

◆【20代】ゆきぽよ(木村有希 きむら・ゆき)


ギャル界のNEWヒロイン 藤田ニコル・みちょぱに続くバラエティ女王へ
<選出理由>
恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」(Amazon Prime Video)でブレイクしたカリスマギャルモデル“ゆきぽよ”。社交性のある親しみやすいキャラクター、元カレ5人中4人がムショ暮らしという衝撃告白、次々と繰り出す若者言葉などで人気を集める。2018年は地上波バラエティへの露出が止まらず、12月第1週のテレビ出演数はなんと11本。大物相手でも物怖じしない度胸と瞬発力、愛されぶりは藤田ニコルやみちょぱにも通じるものがあり、バラエティタレントとして重宝されること間違いなしだ。

<プロフィール>
1996年10月23日生まれ、神奈川県出身の22歳。2012年に雑誌「egg」読者モデルとしてデビュー。動画配信サービスVineにて6000万回という驚異の再生回数を記録するなど、カリスマ動画クイーンとして人気に。2017年に「バチェラー・ジャパン」に参加すると、派手な見た目と裏表ないストレートな性格が、幅広い視聴者に受け、好感度1位を獲得。その後、参加した本家アメリカの「The Bachelor Winter Games」でも反響を呼び、ニューヨーク・タイムズなどのメディアに取り上げられた。現在はバラエティ番組「モデルプレスナイト」(Kawaiian for ひかりTV 4K)にレギュラー出演するほか、モデル、タレント、歌手として広く活動する。

◆【20代】モトーラ世理奈(もとーら・せりな)


一目惚れする存在感 オファー殺到のそばかす美女
<選出理由>
透き通る肌に吸い込まれそうな瞳、そばかすを隠さない印象的なモデル・モトーラ世理奈。2016年、RADWIMPSのアルバム『人間開花』のジャケットに起用されて注目を集めると、唯一無二のイノセントな雰囲気に虜になる者が国内外で続出。2018年にはパリコレデビューを果たし、女優・二階堂ふみがカメラマンとして初めて撮影した写真集の被写体に抜てき、映像界からもオファーが殺到した。一度見たら忘れられない存在感は誌面だけでなく映像でも群を抜くものがあり、女優としても伸び代充分。2019年にはすでに2本の主演映画が待機している。

<プロフィール>
1998年10月9日生まれ、東京都出身の20歳。父はイタリア系アメリカ人、母は日本人。2014年、原宿でスカウトされ芸能界入り。2015年「装苑」でモデルデビュー。2017年に同誌専属モデルとなり、ファッションブランドのイメージキャラクターなどへの抜てきが相次いだ。2018年には「UNDERCOVER」のショーモデルとしてパリコレデビュー。映画「少女邂逅」で銀幕デビュー、ドラマ「透明なゆりかご」出演と女優としても飛躍。2019年はドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」でスタートし、今後主演映画「恋恋豆花」、「21世紀の女の子~out of fashion~」の公開を控える。

◆【20代】多屋来夢(たや・らいむ)


広瀬すずイチオシのドール系美女”が王道ブレイク路線へ
<選出理由>
今をときめく国民的女優・広瀬すずが“今最も気になるモデル”――その強力なキャッチコピーにも納得の美貌の持ち主。様々なテイストのファッションやメイクに映えるフォトジェニックなルックスで、個性派なファッション誌に引っ張りだこだったが、正統派といえる「non-no」専属モデルに加入という意外なステップアップで驚かせた。アニオタ、ゲームヲタというサブカル層にも刺さる内面も魅力。その未知数な可能性を武器に、2019年は同誌に新しい風を吹かせながら王道ブレイク路線を突っ走っていく。

<プロフィール>
1997年7月26日生まれ、東京都出身の21歳。アルゼンチンとのハーフで、スカウトを受け小学1年生のときに事務所に加入。2014年9月に玉城ティナを輩出したオーディション「ミスiD(アイドル)2015」を受賞。2018年、バラエティ番組で女優の広瀬すずに“今最も注目しているドール系美女”として紹介され、脚光を浴びる。「KERA!」「LARME」「bis」など数々の雑誌でレギュラーモデルを務め、2018年11月号より「non-no」専属モデルに加入した。メイプル超合金、りゅうちぇるとともにセーラー戦士に扮したCMも話題に。中国をはじめとしたアジア圏でもファンを獲得している。

◆【30代】宮田聡子(みやた・さとこ)


全方位モテの“なりたい顔” 無限の表現力で雑誌横断
<選出理由>
女性誌を開けば必ず目にする美女・宮田聡子。身長170cmの抜群のスタイルと瑞々しい美貌を武器に、ファッション誌「With」、ビューティー誌「VOCE」など現在6誌の雑誌を横断し、次々と表紙を飾っている。各誌からラブコールが絶えないのは、「なりたい顔」として支持される癒し系のルックスはもちろんのこと、可愛い、かっこいい、色っぽい…そのどれにも染まれる表現の多様さを持ちあわせているから。見るたびに違う表情で、読者に新鮮なインパクトを与え続ける彼女。30代という新たなステージに突入し、さらにジャンルレスな活躍を見せるだろう。

<プロフィール>
1988年9月12日生まれ、福岡県出身の30歳。2008年に雑誌「mina」の専属モデルとなる。その後様々なファッション誌、美容誌モデルやブランドイメージモデルとして活躍し、現在は「With」専属モデルのほか、「ar」「and GIRL」「VOCE」「sweet」「Oggi」でレギュラーモデルを務める。

◆【30代】島袋聖南(しまぶくろ・せいな)


テラハ“最後の恋”で再び脚光 不動のトレンディ女王に熱視線
<選出理由>
今や世界中にファンを持ち、日本のリアルな若者の恋愛観を発信するコンテンツとして重要な役割を担っているテラスハウス。そこで3年ぶり4度目の入居を果たし、期待を裏切らない活躍を見せたのが島袋聖南だ。石倉ノアとの過激なキスシーンは大きな反響を呼び、卒業後もSNSで発信するラブラブな日常は常に注目の的。石倉も2018年大みそかにはTBS系「SASUKE2018」に出演するなど着実に露出を増やしており、2019年もカップルで話題が絶えないだろう。

<プロフィール>
1987年4月4日生まれ、沖縄県出身の31歳。2012年10月にスタートした恋愛リアリティーショー「テラスハウス」の初期メンバーで、過去3回の出演を経て2017年12月に最新シーズンの軽井沢編に「最後の恋を探しに来た」とカムバック。9歳年下のパイロット志望でモデルの石倉ノアと見事カップルとなり、卒業した。番組内では“トレンディ女王”の異名を持つレジェンド的存在。「東京ガールズコレクション」「GirlsAward」などの大型ファッションショーも常連。

◆【30代】AMIAYA(あみあや)


フォトジェニックな“ピンクのツインズ”に世界的ブランドが注目
<選出理由>
ピンクヘアが印象的なツインズユニット・AMIAYAはいま、日本を代表するファッションアイコンとして世界を魅了している。派手可愛い個性的でユニークな着こなしが目を引き、「FENDI」、「MOSCHINO」といったハイブランドのイベントやコレクションに次々と参加。キム・カーダシアンら海外セレブたちが出演してきた「FENDI」人気バッグの最新ムービーにも出演し、欧米のファッション誌でも取り上げられるほど。2020年東京五輪、2025年大阪万博に向けて日本のポップカルチャーに関心が高まる中、その象徴として彼女たちが先導を切っていく。

<プロフィール>
1988年11月8日生まれ、30歳、静岡県出身の双子。姉・AYA、妹・AMIともに原宿のストリートスナップで注目を集め、モデルとしてデビュー。2005年頃より「Zipper」「SEDA」など原宿系雑誌を中心に活躍し、2013年には世界配信されたアルバム「TOKYO POP」でメジャーデビューを果たし、アジア圏での人気も獲得。その後、DJ、そしてアパレルブランド「ジュエティ(jouetie)」のクリエイティブディレクターなど多方面で活躍。近年では世界的ハイブランドのイベントにモデルとして参加するなどグローバルな活動を展開し、2018年12月には台北にて開催された「ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI」にも出演した。

◆【ママ】辻元舞(つじもと・まい)


CMで見る美女は2児の母 憧れの透明感とハッピーオーラ
<選出理由>
CMに出演するたび“謎の美女”と注目を集め続ける辻元舞は、「VERY」「MAQUIA」などでモデルとして活動する2児のママ。2018年は「VERY」初登場号での反響の大きさから即レギュラーモデル入り、表紙に抜てきされた雑誌「Pre-mo」で出産前の特集が組まれるほどの活躍ぶりで、Instagramのフォロワーは約10万人増加した。自然体でありながらピカイチの透明感、オシャレなママコーデはもちろん、滲み出るハッピーオーラも人気の理由。今年4月には初のスタイルブックの発売も決定しており、“新・憧れママ”としてますますファンを増やしそうだ。

<プロフィール>
1987年2月6日生まれ、京都府出身の31歳。花王「キュレル」や「BOSE」など数々の出演CMで「あの美女は誰!?」と話題を集める。映画「想いのこし」「プラシーボ」のほか、ドラマやミュージカルにも出演。透明感溢れる美貌を武器に、多くの美容誌、ファッション誌で活躍。2017年には「VERY」レギュラーモデルとなる。2016年1月に第1子男児、2018年11月に第2子男児を出産。2児のママとは思えぬ美貌とプライベートが垣間見れるInstagramが好評で、4月7日には辻元舞ビューティー&スタイルブックを発売する。

◆【ママ】神山まりあ(かみやま・まりあ)


「#鬼ママ」で話題 親近感×美貌兼ね備えた“鬼に金棒モデル”
<選出理由>
元ミス・ユニバース日本代表で、現在は雑誌「VERY」などで活躍するカリスマモデルである神山まりあだが、じわじわと支持を伸ばしている理由はその美貌だけでない。作曲家・音楽プロデューサーである夫がSNSで公開する彼女の姿は、変顔をしたり、ものまねをしたり、踊ったり…と親近感を感じさせるものが多数。家族仲の良い投稿からは、ポジティブに子育てを楽しむ様子が伺える。ママモデルとして美しいのに親近感がある、というのはまさに鬼に金棒。同世代だけでなく、今後は若い世代からも注目を集めそうだ。

<プロフィール>
1987年2月17日、東京都出身の31歳。2011年「ミス・ユニバース・ジャパン」グランプリを獲得。2015年に結婚、2016年に第1子男児を出産する。2017年1月号より「VERY」(光文社)にレギュラー出演。 以降、飾らない明るいキャラクターを武器に雑誌だけでなく、テレビ、ラジオ、イベントなどで活躍。2018年には初の書籍『神山まりあの「ガハハ」育児語録』を発売した。

◆【ママ】西山茉希(にしやま・まき)


“ママのリアル”に共感者続出 男前な飾らない姿に支持
<選出理由>
モデル、二児の母として活躍する西山茉希。変わらないスタイルの良さや美しさは言うまでもなく、それでいて親しみやすさがあるのが魅力だ。バラエティ番組では夫・早乙女太一への不満もぶっちゃけて笑いに変え、Instagramではママのリアルな日常を発信。時短メイクや子どもと楽しめるファッション、オリジナル料理などアイディア満載の投稿から、ときには子育ての悩みもありのままにつづる。その飾らないスタイルは多くのママたちから共感を得ており、フォロワーは年々増加。ファン層を拡大し続ける彼女はママモデルとして不動の人気を確立している最中だ。

<プロフィール>
1985年11月16日生まれ、新潟県出身の33歳。2004年にデビューし、翌年ファッション誌「CanCam」専属モデルに。同誌を牽引する人気モデルとして活躍する一方、飾らないキャラクターが愛されタレントとしても活動。2013年6月に俳優の早乙女太一と結婚し、同年10月に第1子長女を、2016年4月に第2子次女を出産。二児の母として子育てに奮闘する日々を発信するInstagramはフォロワー37万人を超える人気ぶり。昨年12月、初のスタイルブック『Life 西山茉希 母として、モデルとして、女性として』を発売した。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ