吉田沙保里選手の現役引退発表に石田純一、澤穂希らが労いの声

AbemaTIMES

2019/1/8 21:35


 レスリング女子の吉田沙保里選手が8日、公式Twitterで現役引退を発表した。

「この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです」と感謝の言葉をつづった吉田選手。2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得すると、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドンオリンピックと3連覇を成し遂げ、「霊長類最強女子」と呼ばれていた。

 吉田選手の引退発表に芸能界からも労いの声が寄せられ、バラエティー番組などで共演したことがあるタレントの石田純一は、生出演したラジオ番組で「やり切った感はあるんですが、個人的にはショックです」とコメント。

 元サッカー女子日本代表の澤穂希さんは、マネジメント会社を通じて「沙保里のレスリングをする姿を見られなくなるのはとても寂しいですが…これからも沙保里らしく、新しい道でも全力で頑張って欲しいです」と引退後の活躍を期待した。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶ 歌手の西野カナさん活動休止を発表、自身の想いも

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ